栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

羅漢果の効能 効果と注意点

羅漢果は、古来より中国で不老長寿の秘薬として珍重され、整腸作用により便秘にも効果があります。

羅漢果が良く効くのは、整腸作用、生活習慣病の予防、抗ガン作用、咳止めなどに効き目があるとされています。

[スポンサーリンク]

羅漢果の効能

羅漢果は、中国原産のウリ科の果物です。古来より中国で不老長寿の秘薬として珍重され、高価な漢方としても使われてきました。別名「神果」と呼ばれ、特殊な薬効があるとも伝えられています。

羅漢果の特徴はその甘さにあり、砂糖の300倍にもなると言われています。また、カロリーが低いうえに、体内に吸収されにくい性質を持っています。この甘味成分の多くは葡萄糖と果糖ですが、それ以外にも、羅漢果特有の強い甘みをもつ成分で、トリテルペン配糖体の一種のモグロシド(モグロサイド)を含んでいます。
但し、これらの成分は人には消化吸収されないため、結果的にノーカロリーとなります。また、このモグロシドは腸内でビフィズス菌の栄養となるため、その整腸作用により便秘にも効果があります。

その他、強力な活性酸素除去作用があるため、アレルギーやアトピーを初め、生活習慣病の予防や抗ガン作用も期待できます。
羅漢果に含まれる主な有効成分は、ビタミンE、鉄、リン、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルも豊富に含んでおり、特にビタミンEと鉄分の含有量が大変多いとされています。

羅漢果は、サプリメントとしてももちろん、甘味料や、濃縮液として売られていることが多く、また咳止めの効果があることからのど飴として販売されています。

参考サイトの紹介

羅漢果に関しては、以下のページが参考になります。
http://www.lakanka.jp/

[スポンサーリンク]

薬効は科学的には未知数

羅漢果は、中国原産のウリ科に属する「つる」良く延びる植物です。
名前の由来には諸説ありますが、一つの説としてその実に優れた特殊な薬効があるとことから仏教の聖人賢者である羅漢の名が付けられたと言われています。
優れた薬効があるとされていますが、現代の科学をもってしても、未だ羅漢果の具体的な薬効は十分解明されていません。
経験的なものとして、咳を抑制することが知られており、日本ではのど飴などに添加されています。

カロリーゼロの甘味成分を含む

羅漢果の高純度エキス(配糖体)の甘味強度は、砂糖の約300〜400倍と羅漢果からカロリーゼロのキャンディーを作っている会社が報告しています。
羅漢果に含まれる甘味成分はモグロシドと呼ばれています。モグロシドは、発見がまだ新しいため安全性の評価が十分でないとして多方面で甘味料として利用されるにはまだ至っていません。

未確認の羅漢果の薬効

羅漢果の効能は、未確認ではありますが、咳止めの他に整腸作用、生活習慣病の予防、抗がん作用があるとされています。
成分には、ビタミンEのほか、鉄、リン、マグネシウム、カルシウムなどのミネラル分を豊富に含んでいます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。