栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

ウコンの効能 効果と注意点

ウコンは、肝機能を強化して、動脈硬化やガンも予防します。

ウコンが良く効くのは、酒量が多い、二日酔い、胃腸の調子が悪い、コレステロール値が高い、タバコをよく吸う、ガンの予防に有効とされています。

[スポンサーリンク]

ウコンの効能

世界には、さまざまな種類のウコンが存在しています。もともとウコンは熱帯アジア産の植物のため、日本では、沖縄県と鹿児島県のみで自生しています。
日本にウコンが伝えられたのは室町時代で、その後江戸時代の前期に琉球時代の沖縄より各地に広まりました。
沖縄では昔から、ウコンには肝臓を強くする働きがあるとされ、お茶や料理に使うなど、民間薬草として利用されてきました。

更にその後の研究で、ウコンが肝機能を強化し、解毒作用を助けることも解明され、健康食品として幅広く利用されるようになりました。
また、アメリカでの研究結果から、ウコンの色素成分でもあるクルクミンが、皮膚ガンを抑制する効果があると報告されたことから注目が集まっています。
現在、日本でよく利用されているウコンは、秋ウコン、春ウコン、紫ウコンの3種類があり、このクルクミンは特に秋ウコンに多く含まれ、小腸で吸収される前に、テトラヒドロクルクミンという物質になり、直接内臓に働きかける性質を持っています。

そのほか、秋ウコンはお酒をよく飲み、肝機能が低下しがちな方が摂取するとよいとされています。その他、肝臓だけでなく、他の内臓の健康維持もしたい方は、春ウコンを摂取するとよいでしょう。紫ウコンは、秋ウコンや春ウコンとは違い、クルクミンはほとんど含まれていませんが、漢方では、「芳香性健胃剤」とも呼ばれ、胃腸の不調に効果があるとされています。また、紫ウコンは、血液の浄化、血管や脳細胞の老化防止にも効果があるとされています。そして、血液を浄化することにより、肩こりや腰痛の原因物質を取り除くため、体の痛みから解放されるという相乗効果も期待できます。

なお、クルクミンは、パンに含まれているイースト菌や、ヨーグルトに含まれている乳酸菌、ビフィズス菌と一緒に摂取するとテトラヒドロクルクミンになり、更に大豆や卵に含まれているレシチンを一緒に摂取すると、乳化作用により吸収が高まります。このため、ウコンを摂取する時はパンやヨーグルト、大豆や卵と一緒に取るとよいでしょう。

ウコンの種類と飲み方

ウコンは、粉末、タブレット、錠剤などがあります。「琉球春ウコン粒」は春ウコン、秋ウコン、紫ウコンから抽出のクルクミンと精油を配合したオールマイティなサプリメントです。

ウコンの飲み方は、「琉球春ウコン粒」なら一日に10〜12粒を2回に分けて飲みましょう。「うっちん茶」は成分の吸収が早いので、お酒を飲む前の飲用もよいでしょう。

参考サイトの紹介

ウコンに関しては、国立健康・栄養研究所の以下のページが参考になります。
http://www0.nih.go.jp/eiken/chosa/nagata%20.html

[スポンサーリンク]

ウコンサプリメントの効果と注意点

ウコンは、ショウガ科の多年草で、その根茎を乾燥させ細かく砕いて使用されます。
ターメリックとも呼ばれ料理のカレーに使用される香辛料としても有名です。一般的なカレーが黄色になるのは、このウコンが黄色をしていることによります。カレーの他、たくあん、辛子の黄色にも使われています。

ウコンの主な成分には、ポリフェノールの一種のクルクミンと精油成分のターメロン、シネオール、α―クルクメン、クルクモールなどのテルペン類のほかに、ミネラル、ビタミンC、カロテンなどが含まれています。

ウコンには多くの種類があり、世界中に50種類ほどあると言われています。ウコンの種類や生育する地域の土壌によってウコンに含まれる栄養成分は、少しずつ異なっています。
日本では、春ウコン、秋ウコン、紫ウコン(ガジュツとも呼ばれる)の3種類のウコンが主に利用されています。
特に、秋ウコンは、生薬として医薬品の規格を定めている日本薬局方で認められ、胆汁・唾液・胃液の分泌作用や強心作用、潰瘍抑制効果の薬理作用があるとされています。

ウコンの主な効能は、肝機能改善、前立腺肥大抑制、ダイエット効果、健胃効果、胆汁分泌促進効果、抗酸化作用、抗炎症作用、二日酔い抑止効果、コレステロール低下作用、抗がん作用など多岐にわたります。

まとめ

ウコンはインドを主産地とするショウガ料の多年草で、日本では沖縄を中心に栽培されています。その種類の1つ、秋ウコンはカレーなどに使われるターメリックのことです。
沖縄では昔からウコンが肝臓に効いて二目酔いを防ぐことが知られており、春ウコンが原料の「うっちん茶」が愛飲されてきた。このウコンの効用が科学的に実証されるとともに、抗酸化成分による殺菌や制ガンなど幅広い作用が明らかになり、世界的に注目を集めています。

ウコンの有効成分

ウコンの抗酸化成分はクルクミンという黄色色素で、主な働きとして肝機能を改善し、胆汁の分泌を活発にします。胆汁の分泌はコレステロールの消費につながり、結果として動脈硬化を予防します。また、クルクミンは遺伝子を守り、発ガンを抑制する作用も明らかになっています。
タバコに含まれる発ガン物質の作用を50%も抑制するという報告もされています。

最後に

ウコンの精油成分も多彩な作用が明らかになっています。代表的なものとして胆川の分泌を活発にするとともに、コレステロール溶解作用によって、胆道結石、高脂血症、高血圧、動脈硬化の予防や改善に役立つ成分や、健胃作用や殺菌・抗菌作用にも優れ、汚涜傷の原因といわれるピロリ菌を除去する成分、抗ガン効果が認められている成分などがあげられます。

ウコンは日本では精油成分とミネラルが豊富な春ウコン、クルクミンが多い秋ウコン、ピロリ菌除去や健胃作用が強い紫ウコンの3種類が栽培されています。この3つをブレンドして摂取すると、相乗効果で健康維持にさらに役立ちます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。