栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

アガリクスの効能 効果と注意点

アガリクスは、免疫力を高めることで、ガン細胞を押さえます。

アガリクスの効能や効果としては、ガンの予防動脈硬化の予防血糖値が高い虚弱体質高血圧の人に有効とされています。

アガリクスの効能

アガリクスという名前はキノコ「ハラタケ属」の総称で、和名を姫マツタケといいます。
ブラジルのピエターデ地方を産地としており、その後、アメリカの研究者の調査により、このピエターデ地方に生活習慣病の患者が少ないことから、アガリクスに多くの有効成分が含まれていることが分かりました。

ハラタケ属には全部で32種類の茸があり、様々な成分や特性を備えていますが、中でも効能が認められているのはこの姫マツタケ(アガリクス)のみです。

製品化されているアガリクスには、子実体(傘と柄の部分)と、菌糸体(根の部分)を原料に使った製品があります。菌糸体は、アガリクスの母体で、子実体に比べて3倍前後成分が多いとされています。アガリクスの子実体は、一般的には乾燥・粉砕・顆粒などの加工された製品があります。いずれの成分も有用性があるため、両方を摂取することが望ましいともされています。

アガリクスの成分は、タンパク質が40%を占めています。特筆すべきは、キノコ特有の成分でもあり自然治癒力効果のあるβーグルカンの含有量がキノコの中でも最多と言われています。このほかアガリクスは、タンパク質、脂質、繊維質、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、必須脂肪酸などを豊富にバランスよく含有していると言われています。

アガリクスの効果は、β-グルカンの免疫システムを増強させる作用が、抗ガンに効果があるとされている他、栄養豊富なアガリクスを摂取することで栄養のバランスが取れたり、アガリクスが食べ物の吸収や通過を助けるなど消化器官の機能を整え、過剰な栄養素の吸収を防ぐ働きがあるとされています。また、アガリクス茸に含まれている食物繊維や不飽和脂肪酸には、高血圧・動脈硬化を予防する働きもあります。

ただ、アガリクスはその栄養豊富さから、生のままでは腐敗しやすいため保存が難しく、乾燥させたり、パウダー、顆粒、錠剤、カプセル状に加工されています。

但し、アガリクス市場が拡大したため、多くのアガリクス製品が次々に流通し、優良品から粗悪品までいろいろな商品が氾濫しているのが現状です。アガリクスを判断する方法としても、産地、原料、加工法なども様々に分類され、統一していません。ですから、よいアガリクス製品を選ぶには、企業名やブランドに惑わされず、メーカーや販売店から、出来うる限りの情報を入手することが大切です。

アガリクスの種類と飲み方

アガリクスは、錠剤、粉末、液状、カプセル、煎じて飲用する乾燥品など、いろいろなタイプがあるので、飲みやすいものを選ぶことができます。
アガリクスの飲み方は、空腹時に摂取します。一日にアガリクスに換算して最低5gを目安に取ることが望ましいとされています。

[スポンサーリンク]

アガリクスの効果と注意点

アガリスクはキノコには珍しく強い日の当たる場所で、寒暖の気温差が15℃以上必要な上に高湿度、きれいな空気がないと育たないと言うことから栽培が難しいキノコでした。

そのため、人工栽培が可能になるまでは非常に高価でしたが、1990年代に人工栽培が可能になり、広く利用されるようになるとともに、アガリクスに抗腫瘍効果や血糖値低下効果の研究報告が出されて大きな注目が集まり、アガリスクブームとも言うべき現象が起こりサプリメントやアガリクスによってがんが治ったと言う書籍が販売されました。

あまりにもブームが大きくなったことで、それに便乗するような商法が行われることとなり、アガリクス商品の中にはいかがわしい物も多く含まれているので、購入や情報の信用度・信頼度に関しては注意が必要です。

アガリクスには、免疫の働きを活発にすることで、がんの発生を予防する効果やがんの増殖を抑制する効果が期待されるとともに、がん治療に必ず伴う副作用を軽減する効果や、免疫賦活作用によって薬剤による治療効果が向上することが期待されることから、がん患者に強いニーズがあります。
特に、免疫賦活作用による抗がん剤の治療効果向上を期待してアガリスクを約6割の人が併用して摂取しているというデータがあります。

また、がん以外では、糖尿病や高脂血症の予防効果があると期待されています。

主な有効成分として、β‐グルカン、ペクチドグルカン、ヘテログルカン、プロテオグリカン、核酸などがあります。
その他にも、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、必須脂肪酸などが含まれており豊富でかつ栄養バランスに優れています。

アガリクスの人気・売れ筋・おすすめ5選

アガリクスはブラジル原産の食用キノコで、現地では古くから『神のキノコ』と珍重されてきました。

Amazonおすすめ1
オリヒロ 水溶性アガリクス 108g 432粒
Amazonで売れ筋のアガリクスです。貴重なアガリクス・ブラゼイを熱水抽出したサプリメントとなっており、水溶性の原料を使用しています。栄養成分β‐グルカンもしっかり含まれています。

Amazonおすすめ2
DHC アガリクス 30日分
DHCのアガリクスには、1日目安4粒にアガリクス茸末1,280mg(β-グルカン8%)が含まれています。

Amazonおすすめ3
ユウキ製薬 水溶性アガリクスDX 30日分 360粒
β-グルカンの効率を上げる為、酵素処理で高分子を低分子にしている粒タイプのサプリメントです。エキナセアも配合されています。

Amazonおすすめ4
仙生露 エキスロイヤルN 50ml 60包
信頼・実績ではトップクラスのアガリクスです。非常に高価なサプリメントですが、カスタマーレビューの評価が高いアガリクスです。

Amazonおすすめ5
AFC アガリクス茸 45粒入 (約15日分)
AFC500円シリーズのアガリクス茸サプリメントです。税込み540円で購入できるので、とても買いやすい商品となっています。

※2017年4月時点のAmazonランキングを参考にしています。

[スポンサーリンク]

アガリクスのβ-グルカン

すぐれた抗ガン効果で注目を集めているアガリクスは、当初は食用として日本に入りましたが、食味に劣り、食用としての普及は断念されました。しかしアガリクスは、さまざまな研究から免疫力を活性化する成分が豊富に含まれ、動物実験からも抗ガン効果が認められ、ガンの特効食といわれるまでになりました。

有効成分はβ-グルカン。
β-グルカンはキノコ類に多く含まれる多糖類で、体内に吸収されると細胞を活性化して免疫力を強化します。その細胞の中にはガン細胞の増殖を抑え、消滅させるNK(ナチュラルキラー)細胞もあり、結果として抗ガン効果が生まれるという仕組みです。アガリクスは他にも、血糖値や血圧、コレステロール値を下げる効果があります。

β-グルカンは、実は他のキノコからも抽出されます。ただ、アガリクスのβ-グルカンは構造が違い、食べたり飲んだりの経口摂取でも体内吸収がよいのです。食品や植物から抽出される有効成分は、直接血液に入る注射では効いても、食べたり飲んだりとなると体内吸収が悪く、効果が出ないものもあります。経口摂取が主のサプリメントでは、この点は非常に重要なポイントになります。

アガリクスの場合、β-グルカンの多糖体が豊富に含まれるタンパク質と結合しているので吸収されやすいという指摘もあり、他のキノコのβ-グルカンでは反応が鈍いガン細胞に対しても、効果があるという報告もされています。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。