栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

ペプチドの効能 効果と注意点

ペプチドは、穏やかな作用で高血圧を改善します。

ペプチドが良く効くのは、高血圧コレステロール値が高い免疫力の強化などに効き目があるとされています。

ペプチドの効能

ペプチドとは、20種類あるアミノ酸が二つ以上、ペプチド結合と呼ばれる共有結合によってに繋がった化合物の総称です。ペプチド結合によって、50以上のアミノ酸が結合したペプチドは「たんぱく質」と呼ばれ、それ以下がペプチドと呼ばれています。

1個から数個までは、ジペプチド(2個結合)、トリペプチド(3個結合)、テトラペプチド(4個結合)などと数字の大きさを意味する接頭語を付けて呼ばれます。

20種類のアミノ酸がどう結合するかによって、いろいろな効能を持ったペプチドがあります。

例えば、アミノ酸5個からできて脳にあるエンケファリンというペプチドには鎮痛作用があり、アミノ酸9個からできて子宮にあるオキシトシンというペプチドは陣痛促進の作用があります。

また、チロシンとアルギニンの2つのアミノ酸が結合したペプチドにはエンケファリンと同じく鎮痛作用があります。

アスパラギン酸とフェニルアラニンが結合した場合は、砂糖の約200倍甘い性質をもつので、人工甘味料アステルパームとして利用されています。このアステルパームは偶然発見されたものですが、今後も、未知の組み合わせで有用なペプチドが発見される可能性があります。

その他にも、肝臓で働き血糖値を上げる作用のあるグルカゴンは、29個のアミノ酸からできています。

ペプチドは、このように幅広い健康維持、美肌維持に効果があります。アミノ酸をバランスよく摂取しておくことは健康維持に極めて重要です。

[スポンサーリンク]

ペプチドの人気・売れ筋・おすすめ5選

Amazonおすすめ1
サーデンペプチド 60粒30日分(ディアナチュラゴールド)
Amazonで人気のサーデンペプチドで、ベータアラニンサプリメント部門でベストセラーNo.1です。血圧が高めの方の血圧低下をサポートする機能性表示食品となっています。

Amazonおすすめ2
大豆ペプチド100 33包(ファイン)
大豆ペプチドは、基礎代謝をアップし、体脂肪燃焼、疲労軽減、免疫力向上など、スポーツやフットネスをするひとに活用されています。大豆ペプチドではファインのサプリメントがAmazonで人気No.1です。

Amazonおすすめ3
イミダペプチド ソフトカプセル 84粒(日本予防医薬)
イミダペプチド成分は、ヒトや動物の骨格筋に存在するアミノ酸結合体です。アラスカからニュージーランドまで11,000kmを無着陸飛行する渡り鳥のパワーは、翼のつけ根に多くのイミダペプチド成分を持つことがその秘密とされ、有用性が注目されています。

Amazonおすすめ4
マリンペプチド (4粒×30包) 日清オイリオ
日清オイリオのマリンペプチドは、イワシのたんぱく質が原料のサーデンペプチドを配合。「血圧が高めの方に適する」として、厚生労働省から特定保健用食品として認められた粒タイプの食品です。

Amazonおすすめ5
天然ペプチドリップ だし&栄養スープ 500g
「だし」「栄養スープ」「調味料」が、これひとつでまかなえる粉末タイプの商品です。海と山のペプチドを効率よく摂取できます。100%天然素材で作られており、塩、化学調味料、人工添加物は不使用です。

※2017年4月時点のAmazonランキングを参考にしています。

[スポンサーリンク]

ペプチドの血圧低下作用

ペプチドは、タンパク質の最小の構成単位であるアミノ酸が2、3個から数十個程度結合した、タンパク質より小さく、アミノ酸より大きな物質で、肉や魚、牛乳などのタンパク質を酵素で分解することで得られます。

ペプチドの血圧低下のメカニズムは、高血圧の要因物質であるアンジオテンシンⅡと関連しています。アンジオテンシンⅡはアンジオテンシン変換酵素(ACE)によって生成が促進されるのですが、そのACEの作用を阻害する物質がペプチドです。

つまり、ペプチドを摂取することで血圧上昇物質の生成が抑制され、結果的に血圧が低下するというわけです。

このペプチドの働きは、血圧を下げる医薬品の一つと同じメカニズムとされています。実際に、いわしのすり身を酵素分解した「サーデンペプチド」の臨床実験では、最高血圧が平均10mmHg以上下がりました。

カツオタンパク質からつくった「オリゴペプチド」の服用実験でも同様の効果が得られたといいます。また、カルピス開発の「ラクトトリペプチド」を含む「アミールS」は血圧低下の効果があるとして、特定保健用食品の認可を受けています。
[トクホ] カルピス酸乳 アミールS 血圧が高めの方に 200ml

ペプチドの作用は血圧低下だけではありません。豚肉のタンパク質や、大豆タンパク質から得られるペプチドには、血中のコレステロール値を抑え、免疫力を強化することなども報告されています。

こうした食品から得るペプチドの作用は、化学合成物質である薬剤と比べて大変穏やかで、副作用の心配がないことも特色です。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。