栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

しじみの効能 効果と注意点

しじみは、肝臓の働きを助け、貧血も予防します。

しじみが良く効くのは、二日酔い肝臓障害疲れやすい貧血黄疸血栓症の予防などに効き目があるとされています。

しじみの効能

しじみは二枚貝の中でも、小型で淡水に近いところに棲んでいます。古くから肝臓に効く滋養食品として知られ、古い中国の薬物書には、酒の飲みすぎで弱った肝臓を保護し、黄疸にも効果があると紹介されています。

しじみは、タウリン・アスパラギン酸・コハク酸が多く含まれているほか、ミネラルも豊富で、カルシウムはあさりの4倍もの量が含まれています。その他、「赤いビタミン」の異名を持ち、脳神経にも働き、記憶力や集中力を高める効果のあるビタミンB12が、栄養豊富とされるうなぎに匹敵するほどの量が含まれているなど、魚介類のなかでもその含有量はシジミが筆頭格です。

たんぱく質についても、量は少ないながらも卵や牛肉と同等くらい良質なもので、消化・吸収がよく肝臓に負担がかかりません。鉄についても、レバーと同程度含んでおり、貧血の予防、食欲や体力増進にも効果があります。
しかも、オルニチンというアミノ酸は燃えにくい脂肪を燃えやすくする効果もあり、ダイエット効果も期待できます。

また、アミノ酸のバランスがよく、プロテインスコアも100と最高の値を示しています。更に、不飽和脂肪酸、ステロール類が含まれるなど、コレステロールを上昇させる飽和脂肪酸はほとんどない理想の食品といえます。

お酒を飲んだ翌朝にはしじみを摂取するとよいとよく言われますが、これは、肝臓の働きを良くするメチオニン・タウリン・ビタミンB12の働きにより、貧血を防ぎ、肝臓のはたらきを増進させることから、肝臓病の対策や、アルコールの消化にも効果があるためと考えられています。

しじみサプリメントの種類と飲み方

しじみを煮出して抽出したエキスや、顆粒などがあります。
しじみの飲み方として、一日の摂取目安量は抽出エキス末として3g程度です。

[スポンサーリンク]

他の貝類を圧倒する栄養宝庫のしじみ

しじみには、タンパク質をつくるアミノ酸をはじめ、タウリンや糖質、ミネラルのカルシウム、鉄、亜鉛、ビタミンのビタミンA(カロテン)、ビタミンB2、ビタミンB12など健康に重要な働きをする栄養素を豊富に含んでいます。
特に、アミノ酸の一種であるアルギニンが分解されてできる遊離アミノ酸であるオルニチンと言う栄養成分が豊富に含まれています。

しじみとともに、良く食べられているあさり、ハマグリ、牡蠣、ホタテに比べて、カルシウム、鉄、ビタミンA(カロテン)、ビタミンB2、ビタミンB12に関しては、しじみには全ての栄養分について、どれよりも多く含まれています。

また、しじみはアルコールの飲み過ぎに良いと言われます。その大きな理由となっているのは、アミノ酸が豊富にバランスよく含まれているからです。アルコールを飲みすぎると、その解毒のためにアミノ酸は肝臓を活発化させたり、その働きを手助けします。

しじみに含まれる糖質はグリコーゲンが主体なので、エネルギー源として即効性が高く、肝臓が疲労しても回復を早める効果があります。その他、しじみには、肝臓障害、疲労回復、貧血予防、造血作用、がん・心臓病・脳卒中の予防、コレステロール低下作用などに優れた効能があります。

貝類は、もともと栄養価に優れ、滋養強壮に良いとされる食材です。その中でも小さな体のしじみは、他を圧倒する大きな栄養価を誇っています。小さいのに栄養豊富ということは、効率的な栄養摂取ができるということです。

[スポンサーリンク]

しじみの人気・売れ筋・おすすめ7選

Amazonおすすめ1
トーノー 業務用おつまみしじみ 280g(個包装込み)
甘辛く味付したカラむきしじみと高オレイン酸品種のひまわりの種を混ぜ合わせ、生姜と参照でピリ辛に仕上げられたオルニ珍味(オルニチンの珍味?)です。小袋1個で、66個分のしじみオルニチンを摂取できます。

Amazonおすすめ2
乾燥しじみ 120g
しじみの風味にこだわり、低温乾燥で仕上げられたドライしじみです。薄味なので色々な料理に利用できます。炊き込みご飯やお味噌汁の具などがおすすめです。そのままおつまみにしても美味しいです。

Amazonおすすめ3
トーノー しじみスープ 40g(10人前)×5個
1袋にしじみ約750個分のオルニチンが配合されています。50杯分(1袋10人前が5個セット)で千円台と、リーズナブルで買いやすい商品です。

Amazonおすすめ4
マルコメ 築地魚がし横丁 しじみ汁 3食入×10袋
築地市場で知る人ぞ知る、寿司屋の名店「岩佐寿し」が監修したしじみ汁です。殻付しじみの滋味あふれるおみそ汁を、自宅で美味しくいただけます。

Amazonおすすめ5
ユウキ製薬 スタンドパック しじみ+オルニチン 160粒
1日目安の8粒中にシジミエキス1000mg、L-オルニチン460mgが配合されています。いつでもどこでも手軽にしじみエキスを摂取できる健康補助食品です。

Amazonおすすめ6
しじみ習慣 60粒 黄金しじみ(自然食研)
天然のしじみから抽出した濃いエキスがカプセルに凝縮されています。60粒で一ヶ月分なので、高価なしじみサプリメントといえますが、Amazonカスタマーレビューの評価は高いサプリメントです。

Amazonおすすめ7
ファイン しじみウコン肝臓エキス 630mg×90粒
Amazonのオルニチンサプリメント部門でベストセラーNo.1です。肝臓エキスは、健康な豚の新鮮なレバーをタンパク質分解酵素で加水分解した粉末で、更にしじみエキス(オルニチン)とウコンエキス(クルクミン)が配合されています。

※2017年4月時点のAmazonランキングを参考にしています。

しじみ まとめ

滋養のある食べ物として昔から日本人に親しまれているしじみは、二日酔いに効くともいわれています。中国でも古くからしじみの薬効が伝えられており、明の時代に編纂された薬の古典『本草綱目』には、アルコール性肝炎や黄疸に効果があると記されています。

事実、しじみには肝臓の働きを助ける成分が数多く含まれています。その代表的なものが必須アミノ酸のメチオニンや、疲労回復に効果があるタウリンです。メチオニンやタウリンは胆汁の流れをスムーズにする働きがあります。胆汁は肝臓でつくられ、腸に運ばれて脂肪の消化を助けるが、この胆汁の流れが滞ると肝機能が弱まったり、黄疸を招くのです。

またしじみは、魚介類の中ではビタミンB12の含有量がいちばん多くなっています。このビタミンB12も肝臓の機能を強化するのに有効な成分です。肝臓への脂肪の沈着を防ぐイノシトールもしじみに多く含まれています。

さらにしじみの風味成分であるコハク酸は、胆汁の分泌を促してくれます。胆汁の分泌促進は肝臓の働きを活発にするとともに、主成分のコレステロールの消費につながってコレステロールの増加も抑えられます。

肝臓に良いだけではありません。他にも、カルシウムや、そのカルシウムの吸収をよくするビタミンD、貧血を防ぐ鉄、コバルトなどの有用成分が含まれており、血液循環をよくして体力を向上させるなどの効果が期待できます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。