栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

ヒアルロン酸の効能 効果と注意点

ヒアルロン酸は、みずみずしさが蘇る飲む美容液で、関節痛にも効果があります。

ヒアルロン酸が良く効くのは、肌あれが気になる人、関節が痛い、生理痛、眼の老化予防、糖尿病などに効き目があるとされています。

[スポンサーリンク]

ヒアルロン酸の効能

ヒアルロン酸は鶏のトサカから発見され、体内では、真皮、関節液、関節軟骨、椎間板など細胞と細胞の間を埋めている組織に多く存在しています。非常に保水量が多く、ヒアルロン酸1gで6リットルもの水分を保水できると言われています。

ヒアルロン酸は、この保水力の高さから、細胞外液の水分調整や、関節と関節の潤滑剤、血液中の水分量を増やすなどの働きがあると共に、肌の弾力性を維持できる物質なのです。ヒアルロン酸は胎児の時に最も体内に存在しており、30代以降から徐々に減少し始め、40代以降では急速に体内から減少すると言われています。
また、元来吸収しにくい成分であると同時に、アミノ酸の分子構造と同じで、分子量が大きいため、肌の表面からでも吸収されにくく、逆に体内には残りやすい成分です。そのため、化粧品のようにヒアルロン酸を肌の表面から吸収させるより、美容整形のように直接体内にヒアルロン酸を注射するか、またはサプリメントによって補う方が効果があると言われるのはそのためです。

またヒアルロン酸は、皮膚以外にも、眼球や血管などに多く含まれているため、目の細胞間のクッションの働きや、眼球の形を維持したり、血管での動脈硬化を予防する働きや、卵巣の機能も助けるために生理痛にも効果があります。こういった部分に支障や異常を感じた場合、ヒアルロン酸を補うことで、これらの機能を改善する効果があります。

こういったヒアルロン酸の効果を上げるためには、コラーゲンも重要です。
コラーゲンとは、皮膚や骨などに存在するたんぱく質で、細胞同士をつなぎとめる役割をし、保水効果にも優れた性質を持っています。
しかし、このコラーゲンが不足すると、せっかく体内に摂取したヒアルロン酸を体内に留めておくことができないため、その効果を発揮できません。このため、ヒアルロン酸と同様、コラーゲンも摂取しておくことが大切なのです。

ヒアルロン酸の種類と飲み方

ヒアルロン酸のサプリメントには、錠剤、顆粒があります。

ヒアルロン酸の飲み方として、例えば「ヤングライフ」は一日6〜8粒を目安に服用します。業界初の食用ヒアルロン酸を配合した錠剤タイプで、吸収がよいのが特徴です。「センテナリアン倶楽部」は顆粒タイプで飲みやすくなっています。

参考サイトの紹介

ヒアルロン酸に関しては、以下のページが参考になります。
http://www.seikagaku.co.jp/ha/

[スポンサーリンク]

ヒアルロン酸サプリメントの効果と注意点

ヒアルロン酸は、グルコサミンと並んでテレビなどでヒアルロン酸を含む製品のCMが流れるので、その名称は良く知られています。
ヒアルロン酸は、関節、眼、皮膚、脳などはじめとして身体中に広く存在している高分子の粘着性のあるグリコサミノグリカンの一種です。
身体の中で最も多く存在しているのは関節で、そのため関節痛にはヒアルロン酸が良く効くと言う宣伝がテレビなどで繰り返されています。

関節の機能を維持する上では、非常に重要な役割をヒアルロン酸は担っています。
そのため関節炎の治療や、また目の病気の治療薬としてや白内障・角膜移植手術の際などにも使用されます。

ヒアルロン酸の効能は、肌荒れ、関節痛、生理痛、眼の老化予防、糖尿病などがあります。ヒアルロン酸には保湿性が高いので化粧品などにも添加されています。
尚。シャボン玉にヒアルロン酸入りの化粧水を混ぜると簡単に割れないシャボン玉を作ることができます。これは、ヒアルロン酸が保水性と粘性の高いことを利用したものです。

ヒアルロン酸の身体の中の各所で大切な働きをしていますが、ヒアルロン酸を経口摂取することでの有効性は、皮膚の水分量増加、膝関節痛の改善効果あることについて研究報告がされています。
しかし、一方で経口摂取してもヒアルロン酸のような高分子量の成分は体内では全てがヒアルロン酸としては吸収されずに体外に排出されます。一部が分解されて、体内に吸収されても、それが再びヒアルロン酸になることは保証されていないので効果は疑わしいと言う意見も多く出されています。
ただし、本当に効果がないと言うことも科学的には立証されていません。上記の推論で断じているのみです。また、身体に良いと言う思い込みが強い治療効果が上げることが分かっています。

まとめ

ヒアルロン酸は、コンドロイチン硫酸と並んでムコ多糖を代表する成分です。ムコ多糖とは、体内の細胞と細胞をつなげて各機能の働きを円滑にする潤滑油のようなもので、ムコ多糖が減少すると体の節々が痛んだり、肌のハリがなくなったりと老化現象が進んでしまいます。

ヒアルロン酸の有効成分

ヒアルロン酸は、人の体ではその50%が皮膚に存在します。保水力が強く、ヒアルロン酸1gで水6リットルを蓄える力があるとされ、組織細胞の構築、細胞外液の水分調節、潤滑剤などの働きをしています。ヒアルロン酸の含有量は胎児のときが最も多く、成人を過ぎると4分の1までに減少するといいます。それだけにヒアルロン酸の補給効果は高そうですが、数年前までは美容や外傷薬、関節炎の治療薬として塗布や注射での利用がほとんどで、ヒアルロン酸が食品として開発されたのは最近のことです。

最後に

ヒアルロン酸が健康食品として注目を集めるようになったきっかけは、1999年3月に皮膚学会で発表されたアダプトゲン製薬の内服実験によります。食用ヒアルロン酸を24〜68歳の女性32人に対して投与した結果、27人に顔や手足の肌あれの改善がみられ、潤いやハリが出ました。機械で測定した保湿試験でも水分保持機能の上昇が認められ、生理痛がなくなったり、腰痛や肩こり、関節痛も改善したというのです。他にも、目がよくなったり、糖尿病にヒアルロン酸は効果があるといいます。

ヒアルロン酸の補給は服用したものがそのまま細胞組織になるのではなく、消化吸収され、体内の代謝で再合成されます。そのために吸収されやすいように低分子加工されたサプリメントで摂取するのが効率的で、少量でも毎日摂ることが大切といわれています。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。