栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

クランベリーの効能 効果と注意点

クランベリーは、尿のphを酸性化して尿路感染症を予防します。

クランベリーが良く効くのは、膀胱炎、腎盂腎炎、尿路感染症の予防、尿が臭い、乳ガンの進行を抑制、などに効き目があるとされています。

[スポンサーリンク]

クランベリーの効能

クランベリーは、アメリカ北部に自生し、サクランボ粒大の真紅の果実をつけ、花が鶴に似ていることから、Crane(鶴)berryと名づけられました。
古くからアメリカ先住民の間では、民間薬としても利用されており、現在でもアメリカの人々にとって、七面鳥料理に使われるなど、馴染み深い果実として愛用され続けています。
ただ、酸味が強く生食には適さないため、一般的にはジュースや料理用ソース、菓子などに利用されています。

心臓病の多いアメリカでは、コレステロール値が高いと診断されたらクランベリーを摂るのが一般的とされています。その他、食物繊維とビタミンの含有量が高く、尿路感染症の治療にも効果があることが明らかになっています。

また、他の果実に比べても、キナ酸という物質を豊富に含んでいます。キナ酸は、尿のpHバランスを正常に保ち、菌の増殖を抑制するとともに、老廃物の排出を助ける働きがあります。そのため、尿道炎や膀胱炎などに効果があるとされています。クランベリーには、その「酸っぱさ」のもとである有機酸が多く、また、ブドウ種子ポリフェノールやアントシアニン類も豊富に含まれ、歯周病予防、コレステロール値の上昇を抑えるなどの効果もあるそうです。そのほか、ビタミンCも豊富に含んでいるとされています。

クランベリーには、腫瘍の進行を遅らせ、肺やリンパ機能へのガン転移を減少させる効果があることも発見されていますが、これは、クランベリーにはケセルチンというフラボノイドが豊富に含まれているためだとも言われています。更に、最近の研究ではクランベリーに含まれる、濃縮タンニン、プロアントシアニンが、様々な胃の病気の元となるピロリ菌から胃を守る働きがあることも分かっています。

これらの効果から、クランベリーを継続的に摂取すると、様々な健康維持や美容効果に役立てることができるのです。

クランベリーの種類と飲み方

クランベリーには、ジュース、粒、カプセルなどがあります。

クランベリーは、女性に多い尿のトラブルを予防します。「クランベリーエキス」なら1日5粒を目安にしましょう。

参考サイトの紹介

クランベリーに関しては、以下のページが参考になります。
http://www.reluck.com/genki_kirei/cranberry.html

[スポンサーリンク]

クランベリーサプリメントの効果と注意点

クランベリーは、ブルーベリーやラズベリーと同じ仲間の小さくて丸く赤い果実をつけるツツジ科に属する植物です。
高さは10センチメートルほどにしかならない常緑の低木です。

クランベリーの果実は、酸味が非常に強く生で食べるにはあまり向いていませんが、ジャムやジュース、お菓子などには良く使われています。
また、有効成分として、赤い色素の元になっているアントシアニンやプロアントシアニジンなどのポリフェノールや食物繊維、ビタミンを多く含み健康に良いことから人気があります。
特にアメリカでは果物出荷量で、トップ3に入る程の人気があります。

日本ではなじみの深いブルーベリーにもポリフェノールが多く含まれていますが、クランベリーは一般的なブルーベリーの2倍以上のポリフェノールを含んでいます。
ポリフェノールには抗酸化作用があり、アンチエイジングや血液をさらさらにして動脈硬化を予防する効果があります。

クランベリーには食物繊維やビタミンも多く脂肪分が低いので、生活習慣病の予防にも効果的です。
また、クランベリーには、キナ酸という成分が含まれており、このキナ酸は殺菌作用が強く、老廃物の排出を促進し、またキナ酸が肝臓で酸性の強い物質に変化することから、泌尿器官が大腸菌などに感染して発症する膀胱炎や尿路感染症などの病気予防に効果があります。

まとめ

クランベリーはヨーロッパ、北アメリカに自生しているツルコケモモ科の果樹で、小指の頭ほどの赤い実がなります。酸味や渋味が強いため、そのまま食べることはできませんが、他の果汁と混ぜ合わせてジュースにしたり、シロップ漬けにしたり、お菓子などの料理に幅広く使われます。ちなみに感謝祭やクリスマスの料理にはこのクランベリーソースがつきものです。

クランベリーの有効成分

クランベリーはまたアメリカの先住民が薬に使った歴史があり、現代では膀胱炎や腎盂炎などの尿路感染症の予防や治療目的で、クランベリーのジュースやサプリメントが利用されています。人工膀胱、人工肛門の治療士の教育機関として有名なアメリカのクリニックでは、手術の前後にクランベリージュースを飲用させているといいます。

最後に

尿路感染症は尿の通り道の尿道、膀胱、腎臓などが大腸菌などの細菌によって炎症をおこす病気で、男性より尿道の短い女性や高齢者に多い病気です。クランベリーがその炎症に効果を発揮するのは、果実に多く含まれているキナ酸という成分が、体内の代謝によって、尿路感染症の治療に有効な酸性物質の馬尿酸に変わるからです。
馬尿酸は尿のphを酸性化し、細菌の増殖を防ぎます。ある実験ではクランベリーの摂取で、尿中の馬尿酸が摂取前に比べて6倍も増加し、尿のphが6.4から5.3に低下しました。

さらにクランベリーの有効成分、プロアントシアニジンには尿路への細菌の付着を防ぐ作用があり、相乗効果で感染をくい止めます。
また、最近はクランベリージュースの摂取で、乳ガンの進行を抑制する可能性があるという動物実験の結果が報告されています。
スーパーなどで販売のクランベリージュースは甘味料を多く使用しているのでカロリーに注意しましょう。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。