栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

イチョウの効能 効果と注意点

イチョウ葉エキスは、老人性痴呆症に有効です。また、イチョウは、記憶力や集中力のアップにも利用されます。

イチョウ葉エキスが良く効くのは、物忘れが激しい人、集中力を高めたい人、痴呆予防、肩こり、冷え性に有効とされています。

[スポンサーリンク]

イチョウの効能

イチョウは、3億年もの昔から世界で生息する最古の樹木と言われ、ヨーロッパでは30年以上の歴史を持つ医薬品です。特にフランスやドイツでは、その効果が医学的にも確認されています。

成分としては、主にフラボノイドとテルペンラクトン類の働きが大きく、細くなった血管を拡張し、もろくなった血管を修復する効果があり、その結果コレステロール値を下げたり、活性酸素を取り除く働きがあると言われています。
更に、イチョウ葉だけに含まれているとされるテルペンラクトン類は、体内の循環に深く関わる成分で、さまざまなパワーを持っています。

また、この中にはギンコライドという物質の働きがあり、この成分は血液を固まりにくくする作用があります。
これにより、脳内の血液がスムーズに流れ、脳神経や脳細胞を活性化し、物忘れや痴呆予防、記憶力の衰えを防ぐ効果があるとされています。これが、イチョウが「頭のよくなるサプリ」と呼ばれているゆえんです。

但し、このギンコール酸はアレルギー物質です。そのため安全基準は5ppm以下となっており、摂取するときはギンコール酸5ppm以下のものを選ぶ必要があります。

イチョウの種類と飲み方

イチョウ葉エキスは、粒、カプセル、液状のものがあります。「フラボノイド24%以上、テルペノイド6%以上を含む」と表記されたものを目安として選びましょう。

イチョウ葉エキスは、一日160〜240mgの摂取を2〜3ヵ月以上続けることが基本です。

参考サイトの紹介

イチョウ葉エキスに関しては、厚生労働省の「イチョウ葉エキスの有効性および安全性」が参考になります。
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail116lite.html

[スポンサーリンク]

イチョウサプリメントの効果と注意点

イチョウの木は、数億年前から地球上に生息し続けている中国原産の落葉高木で生命力にあふれています。
イチョウは、雄株と雌株に分かれる雌雄異株の木で、銀杏は雌株のみに実を付けます。

更に、珍しいことに、植物でありながら精子を持ち、秋に放出された精子が花粉室の中で受精を完了させ種子ができるという生態を持っていることです。
尚、種子植物であるイチョウに精子があることを世界で初めて発見したのは日本人です。

このような面白い性質、生命力のあるイチョウの木の葉から抽出されるイチョウ葉エキスには、健康維持に必要な栄養成分が豊富に含まれ、ヨーロッパでは、その効能が医学的に認められて医薬品の成分としても利用されているほどです。
1990年には、イチョウの葉に含まれる薬効成分のギンコライドを化学的に合成した業績に対してノーベル化学賞が授与されるほど価値があるものとされています。

イチョウ葉エキスには、血管拡張効果、もろくなった血管の修復効果があります。
成分のギンコライドは、血液を固まりにくく、血液をさらさらにして血行を良くする効果があります。
この結果として、脳内の血行が良くなることから、脳の働きを活性化し、痴呆予防、記憶力アップの効果がイチョウ葉エキスにはあるとされています。

1990年代にドイツで痴呆症の治療薬として承認され、アメリカではアルツハイマー症の治療薬として臨床試験も開始されています。
尚、効果があるからと言って、雑誌などでイチョウ葉茶の作り方が掲載されても作って飲まない方が良いと国立健康・栄養研究所は警告しています。
このようにして作ったお茶には、アレルギー物質のギンコール酸が多量に含まれる可能性があるためです。

まとめ

イチョウ葉エキスは、アルツハイマー病や多発性梗塞性痴呆などの老人性痴呆症に有効性が認められている注目のハープです。
その名のとおり、乾燥したイチョウの葉をエタノール液に漬けて抽出した成分で、以前から動脈硬化の改善や血行促進作用、脳機能障害、感覚神経障害(とくに聴力障害)、末梢性動脈血行障害などの治療に効果が認められていました。ドイツとフランスではイチョウ葉エキスが医薬品として認可されており、その薬は世界75カ国で販売されています。

イチョウの有効成分

このイチョウ葉エキスが世界的な注目を浴びるようになったのは、1997年にニューヨーク医学研究所が発表した老人性痴呆症に対する試験結果が注目されたことによります。二重盲検試験という厳密な評価手法で、イチョウ葉エキスに、集中力や日常生活機能の改善が認められたのです。
この効果は、イチョウ特有の化合物で、イチョウ葉エキスの主要成分の1つであるテルペノイドや有機酸の相乗作用により、細胞や血管にダメージを与える活性酸素が除去されるためであると考えられています。

最後に

イチョウ葉エキスは、他にも血小板活性化囚子の枯抗作用、虚血脳代謝改善作用が最近の研究で明らかになっており、集中力や記憶力の改善サプリメントとして、急成長を遂げています。イチョウ葉エキスは、血管拡張作用など血流もよくなるので、肩こりや冷え性にも有効とされています。

イチョウ葉エキスは、副作用は少ないですが、イチョウの葉にはアレルギーの誘因物質も含まれていて、医薬品以外ではこの除去を含めて品質にバラつきがあります。イチョウ葉エキスは、信頼できるメーカーの商品を選びましょう。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。