栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

ギムネマシルベスタの効能 効果と注意点

ギムネマシルベスタは、食後の血糖値上昇をブロックします。

ギムネマシルベスタが良く効くのは、糖尿病肥満予防虫歯予防などに効き目があるとされています。

ギムネマシルベスタの効能

ギムネマシルベスタは、インドでは2000年以上も前から糖尿病の民間薬として使われてきました。インド原産の「ガガイ科」のツル性の植物で、この葉を噛んだあと、砂糖をなめてもまったく甘さを感じず、そのため食欲を抑えられることから古代インドでは、ダイエットにも取り入れられたといわれています。

ギムネマの葉に含まれているギムネマ酸には、糖分の吸収をブロックする働きがあると同時に、食前に食べると、ギムネマ酸が腸で働き、腸管から糖が吸収されるのを抑えるという実験結果もあります。そのため、腸管に吸収されなかった糖分は体の外に排出されるため、ダイエットにも効果的なのです。

食事をすると血糖値が上がり、すい臓からインシュリンが分泌されますが、糖尿病の場合は、食後に異常にインシュリンを分泌させるため、高血糖を起こしてしまいます。
しかし、ギムネマを取ることでこの急激な血糖値の上昇を防げると言われています。血糖値を安定させるため、すい臓にインシュリン分泌の負担をかけません。このように、糖分の摂取量を抑えた食事療法を行っていかなければいけない糖尿病の治療薬としても期待できるのです。

ギムネマシルベスタは、このように糖尿病の方や、甘いものが好きでつい食べ過ぎてしまう方にお勧めのサプリです。ただし、血糖降下剤と併用すると、低血糖になる恐れがあるので注意が必要です。

[スポンサーリンク]

甘みを感じなくさせる不思議な植物

ギムネマシルベスタは、イモ科の種類に属する蔓性植物です。
その有効成分であるギムネマ酸は、舌の甘味を感じる感覚を麻痺させるので甘味をあまり感じなくなり、甘味食品の食欲を減退させる効果が期待できます。

ギムネマシルベスタには、小腸で糖分の吸収を抑制する作用があることから、ダイエット効果や、小腸から糖分の吸収を抑制するため、血糖値が下がるので、すい臓からのインスリンの分泌が少なく済み、すい臓の負担が小さくなり糖尿病の症状を改善させる効果があります。

このため、ギムネマシルベスタをサプリメントで摂取する場合は、食前に摂取することがもっとも効果的となります。ギムネマシルベスタの血糖値を下げる効果は、急激でなく適度であるため、低血糖になる弊害もあまり起こりません。

ギムネマシルベスタは、インド原産の植物であることから、インドでは2000年以上の昔から、糖尿病予防や症状の改善の目的のために利用されてきています。その他、食物繊維と同じような働きをすることから便秘の改善効果や虫歯の予防効果もあります。

ギムネマシルベスタのサプリメントを摂取するときは、血糖値を抑える効果があることから、血糖降下剤との併用は低血糖になる危険があり注意が必要です。

ギムネマシルベスタの種類と飲み方

ギムネマシルベスタは、錠剤、粒、葉の乾燥品、お茶があります。食前に飲むと効果的です。
井藤漢方製薬 ギムネマ・シルベスタ 250mg(360粒) 約30日
Amazonで売れ筋No.1は、井藤漢方製薬のギムネマシルベスタ粒です。1日目安12粒に840mg(総ギムネマ酸10%)が配合されています。甘いものをついつい食べてしまう方におすすめです。

オリヒロ ギムネマシルベスタ茶 100%
ギムネマシルベスタの葉を100%使用したお茶で、ノンカフェインのダイエットティーです。ギムネマシルベスタ茶は、安価に試すことができます。

[スポンサーリンク]

ギムネマシルベスタ まとめ

インドでは、ギムネマシルベスタの葉をかむと舌が砂糖の甘みを感じなくなることから、ヒンディ語で砂糖を壊すという意味の「グルマール」と呼ばれ、2000年以上も昔からギムネマシルベスタが糖尿病の治療薬として利用されてきました。

ギムネマシルベスタのこの甘味消失作用は、ギムネマ酸という主要成分によります。苦味、酸味、塩味には影響しないことからも、ギムネマ酸が舌の味蕾の甘みを感じる部分に結合するためと考えられています。

ギムネマ酸が体内に吸収されると、腸管での糖質の吸収を抑える作用があることがラットの実験でわかりました。つまり、食事で糖質を摂っても血糖値の上昇が抑えられるというわけです。ギムネマシルベスタは、実際に糖尿病患者を対象にした臨床実験でも血糖値の正常化傾向がみられています。

ギムネマシルベスタが血糖値の上昇を抑えることは、肥満の予防にも繋がります。なぜでしょうか?

食事などの糖質の摂取で血糖値が上昇したとしましょう。体はインスリンホルモンを大量に分泌して血糖値を下げようとします。この分泌によってブドウ糖が過剰な状態となり、体はブドウ糖を脂肪に変換して蓄積してしまうのです。ラットの実験でも、ギムネマシルベスタのギムネマ酸を与えると体重増加が抑えられました。

ただし、ギムネマシルベスタの肥満予防の実験例は数が少ないといえます。ギムネマシルベスタのギムネマ酸をダイエットに利用する場合は、甘みを感じにくくする作用による食べすぎを防ぐ効果も計算に入れたいところです。

また、ギムネマシルベスタは歯垢を防ぐと期待されていますが、これは虫歯にある酵素の活性を阻止するからといわれています。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。