栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

カンゾウ(甘草)の効能 効果と注意点

カンゾウ(甘草)は、肝障害やガン予防も期待される万能生薬です。

カンゾウが良く効くのは、胃が痛い人ウイルス性肝炎の予防口内炎のどか痛いガンの予防動脈硬化の予防に効き目があるとされています。

カンゾウの効能

カンゾウは、別名「リコリス」と呼ばれるハーブで、漢字では『甘草』と表記され、「アマキ」「アマクサ」ともいわれています。中国からモンゴル、シベリアに分布するマメ科の多年草で、歴史は古く、地域的にも非常に広い範囲に渡り、薬として使用されて来ました。

主な有効成分は、解毒作用のあるグリチルリチンで、食中毒、フグ毒、ヘビ毒だけでなく、細菌性の毒に対しても発揮されます。

なお、このグリチルリチンはカンゾウの根に含まれ、胃腸の消化吸収を高めたり、止血、肝機能向上にも効果があるほか、砂糖の50〜250倍の甘さがあるにもかかわらず低カロリーであることも注目され、ハーブティーとしても楽しむことができます。

抗アレルギー、抗炎症作用も認められており、日本でもグリチルリチン製剤は、発疹や皮膚炎、口内炎を改善する医薬品としても有効利用されています。更に、免疫活性を高める作用があるため、エイズの治療薬としても使用されているほか、抗ガン作用があることが研究報告され、サプリメントとしても注目を集めています。

初期の風邪の症状でもあるノドの痛みや、気管支炎などにも効果があるほか、他の薬剤の薬理作用や、刺激をやわらげる働きがあることから、一般に販売される風邪薬だけでなく、漢方薬にもよく配合されており、その割合は80%とも言われています。

ただし、ごくまれに長期間服用することで、血圧が上昇する症状が出ることがあるため、摂取には注意しましょう。

カンゾウの種類と飲み方

カンゾウは、粒、顆粒、乾燥根があります。西洋では民間薬として用いられていますが、日本ではもっぱら生薬として「芍薬甘草湯」「半夏淀心湯」「人参湯」などに配合されています。
カンゾウの乾燥根は、漢方薬局で入手し、これを煎じて飲みます。カンゾウの根一日0.5〜5gが目安です。

[スポンサーリンク]

カンゾウの効果と注意点

カンゾウは、マメ科の植物で漢字では甘草と書き、中国から南ヨーロッパにかけて生息する多年草です。
その名前(甘草)からも分かる通り、カンゾウに含まれている甘味の主成分であるトリテルペンの配糖体のグリチルリチンは、砂糖の50〜250倍以上も甘みがあると言われています。

その他にもブドウ糖、ショ糖などの甘味成分も含まれています。そのため甘味料として、調味料、お菓子などの食品に利用されています。また、グリチルリチンには、美白効果もあることから化粧品などの原料としても使用されています。

カンゾウに含まれる主な成分は、トリテルペン、サポニン、イソフラボンなどのフラボノイド、ポリサッカロイド、ステロール、クマリン、アスパラギンなどです。

これらの成分によって、健康面での効能としては、抗炎症効果や抗アレルギー効果があり、息苦しさ、胃液分泌、消化器潰瘍、けいれん、咳、皮膚炎、口内炎、発疹などの抑制・治癒効果が得られます。

また、カンゾウは広く漢方薬に用いられており、日本国内で発売されている漢方薬の約7割から8割に含まれています。
使用上の注意としては、副作用として低カリウム血症や血圧上昇などが起こることが分かっており、多量に摂取しないようにすることが必要です。

カンゾウ(天草)の人気・売れ筋・おすすめ5選

おすすめ1位
第2類医薬品】ツムラ漢方芍薬甘草湯エキス顆粒 24包
芍薬甘草湯は、急におこる筋肉のけいれんを伴う痛みや、こむらがえり、胃腸の激しい痛み等に用いられる漢方薬です。高血圧や腎臓病の方は、服用前に医師や薬剤師に相談してください。

おすすめ2位
ディアナチュラゴールド 甘草グラボノイド30日分 60粒 [機能性表示食品]
Amazonの甘草サプリメントでベストセラーNo.1は、ディアナチュラゴールドの甘草グラボノイドです。夕食前に飲むサプリメントで、甘草由来グラブリジンが体脂肪の増加を抑える機能性表示食品となっています。

おすすめ3位
生活の木 有機ハーブ リコリス 100g
甘草(リコリス)をハーブティーとして飲みたい人は、この商品がおすすめです。甘さは砂糖の50倍以上なのに低カロリー。ダイエット甘味料としてだけでなく、胃腸にもやさしいハーブです。

おすすめ4位
甘草【粉末】100g(天然ピュア原料)
余計な混ぜ物が一切ない、100%天然成分のカンゾウ(甘草)ピュアパウダーです。粉末タイプなので、色んなドリンクや料理に混ぜて摂取できるメリットがあります。

おすすめ5位
TUNEMAKERS(チューンメーカーズ) 甘草エキス配合エッセンス 10mL
スキンケア用の甘草エキスです。グリチルリチンを含む甘草エキスが保湿成分として働き、肌荒れを防いで肌をケアします。乾燥による肌のザラつきやキメの乱れが気になる方におすすめです。

[スポンサーリンク]

カンゾウ まとめ

漢字で甘草と書くカンゾウは、漢方薬で有名な生薬の1つです。カンゾウの主成分は砂糖の50〜250倍もの甘さをもつグリチルリチンで、文字どおり強い甘みがあり、甘味料としても広く利用されています。

このカンゾウについて、1946年にオランダの医師が胃潰瘍などの消化性潰瘍に有効であるという研究報告をしたことから、カンゾウの薬効が世界的に注目されるようになりました。研究の結果、抗潰瘍、抗炎症、抗アレルギー、咳を鎮める、痰を切る、利尿などのさまざま薬効が解明されたのです。

カンゾウでとりわけ注目を集めたのが、肝臓障害に対する効果です。
根から拍出したグリチルリチンが、肝細胞の粘膜を強化して、ウイルス性肝炎による肝細胞の破壊を防ぐことがわかり、グリチルリチン製剤は肝臓病の治療薬となっています。さらに、肝機能の強化が体の免疫力をアップしてインターフェロンを誘導することが報告され、ガン細胞の発生やエイズウイルスの抑制効果も期待されています。

カンゾウの成分の1つであるサポニンは、脂質から酸化されてできる過酸化脂質の害から体を守ったり、血栓の生成や動脈硬化を予防する作用があり、生活習慣病の予防や症状改善にも効果が期待できます。

カンゾウは大量に摂取したり長期間使用すると、まれにむくみが生じたり血圧が高くなることがあるので、摂取量を守り、経過に注意するようにしましょう。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。