栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

レモンバームの効能 効果と注意点

レモンバームは、アレルギーにも効くリラックスのハーブです。

レモンバームが良く効くのは、アレルギー症、ストレスが多い、肌あれが気になる、疲れやすい、消化不良、老化予防などに効き目があるとされています。

[スポンサーリンク]

レモンバームの効能

レモンバームは、ヨーロッパ南部に広く分布するシソ科の多年草で、葉にレモンのような香りを持つメディカルハーブです。この花によくミツバチが集まるところから、ギリシア語で蜂蜜を意味する「メリッサ」とも呼ばれています。

使用方法は、酸味がないことからハーブティーとして利用されたり、料理の香り付け・入浴剤・ポプリなどにも有効利用されています。ハーブティーには、鎮静、強壮作用、発汗、利尿効果があります。その他、軽い胃痛、吐き気、頭痛、不眠症

花粉症にはシソ科のハーブに含まれるポリフェノールが有効とされているほか、数多いハーブの中でも、このレモンバームは非常に高い抗アレルギー作用があることも知られています。
これは、レモンバームに含まれるロズマリン酸というポリフェノールが、アレルギー症状を起こすヒスタミンを抑える働きがあり、鼻づまりなどの不快な症状を緩和させます。また、この成分は活性酸素を除去する効果があるため、生活習慣病を改善させることができます。

このロズマリン酸の他に、シトラール、シトロネラール、リナロールなどの香り成分が、花粉症の不快症状に伴うイライラを沈め、ストレスの解消にも効果があるといわれています。

レモンバームの種類と飲み方

レモンバームは粉末、ハーブ飲料などがあります。「いきいき習慣」(武田食品工業が販売)はレモンバーム100mgとバレリアン(西洋カノコ草)400mgなどが配合されており、更年期のサプリメントとなっています。

レモンバームの飲み方は、「いきいき習慣」の場合、一日6粒を目安に摂りましょう。

参考サイトの紹介

レモンバームに関しては、以下のページが参考になります。
http://www.myherb.jp/main/library/herb/ra/melissa.html

[スポンサーリンク]

レモンの香りがする精油

レモンバームは、その名の通りレモンの香りを持つシソ科の植物です。メリッサとも呼ばれ、日本名はコウスイハッカ、またはセイヨウヤマハッカです。
レモンバームから採れる精油には、シトロネラール、シトラール、ゲラニアールなどの成分が含まれています。レモンの香りを出しているのはシトラールです。
レモンバームから採ることのできる精油は量は非常に少ないので精油の価格は高くなっています。そのため、純粋なレモンバームの精油とレモンバームと同じくレモンの香りを持つレモングラスなどをレモンバームにブレンドした製品の2つがあります。この両者は、純粋な精油を「メリッサ・トゥルー」、ブレンド精油を「メリッサブレンド」と呼んで区別されています。

レモンバームの働き

レモンバームのハーブティーを飲用すると100歳以上まで長生きしたという言い伝えから長寿のハーブとして知られています。
確認されている効能はうつ病の改善・予防、心臓・消化器系内臓などの強壮作用、血圧低下作用、発汗作用、ぜんそく・気管支炎の症状緩和作用などです。その他にも、頭痛やストレスの緩和、脳の活性化、イライラ気分の解消、花粉症緩和などの効果が確認されています。

まとめ

レモンバームはシソ料の多年草で、地中海東岸地方が原産地です。常緑の葉はレモンに似た甘く爽やかな香りを放ち、ミツバチが集まりやすいことから、ヨーロッパでは紀元前の頃から養蜂用に栽培されているといいます。
レモンバームは、ミツバチの葉という意味のメリッサ、あるいはコウスイハッカ、西洋ヤマハッカなどの別名でも呼ばれ、芳香のある葉は古くからハープティーやリキュール、料理などに利用されてきました。
またレモンバームの葉や茎から熱水抽出したエッセンシャルオイルは、緊張感を和らげる鎮静作用やリラックス作用があり、レモンバームはアロマテラピーの利用でもおなじみとなっています。

レモンバームの有効成分

レモンバームの大きな特徴として、アレルギー症状を緩和する効果があげられます。アレルギー反応がおこると、炎症を引きおこそうとする酵素を阻害する働きをもちます。玉川大学農学部の研究によりますと、数あるハープの中でも、このレモンバームが抗アレルギー作用で群を抜いていたことが報告されています。

最後に

その抑制物質はロズマリン酸という抗酸化物質のポリフェノール化合物で、ストレスがたまると増加する活性酸素を除去する能力に優れ、また肌の保護能力などにも高い効果があります。炎症を阻止するとともに血小板の凝集を抑える作用も認められているため、血流がスムーズになることで、筋肉のこりなども和らぐことが期待できます。

ほかにもレモンバームには解熱作用、消化促進作用などの薬効が知られています。なるべく薬を飲みたくない人や、怠さや眠気を心配する人にはレモンバームのサプリメント利用がよいでしょう。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。