栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

酵母の効能 効果と注意点

酵母は、新機能の開発で肝機能強化や美肌効果も期待できます。

酵母が良く効くのは、便秘、下痢、肥満、酒量が多い、シミやソバカスが気になる、大腸ガンの予防、などに効き目があるとされています。

[スポンサーリンク]

酵母の効能

酵母とは、イースト菌とも呼ばれ、約5〜10ミクロンの大きさで、細菌よりもかなり大きな物質です。酵母には数百種類とさまざまな種類があり、自然界に生息する天然酵母は樹液や蜜、果実などに含まれています。

酵母は発酵を促進するために使われ、お酒やパン、味噌を作るときに主に用いられます。パンを作る時はパン酵母、お酒を作るときはビール酵母、ワイン酵母、清酒酵母など、お酒の種類に応じて酵母が使い分けられています。
酵母の働きは糖を分解して、アルコールと炭酸ガスを作るアルコール発酵を行います。
酵母の表面には、自然治癒力を高めると言われるキノコ類と同じ、ベータグルカンとマンナンという細胞壁で覆われています。

一般的に、サプリメントとして利用されているのはごく限られた酵母です。例えば、パンや味噌を作る時に使われた酵母は途中で分離することはありませんが、ビール酵母の場合は、ビールの製造の際に使われ、途中分離した酵母をエキスとして利用しているのです。

酵母はエジプトのピラミッド時代から既に、病気を追い払う為の魔よけや、強壮剤としても利用されていたと伝えられています。酵母の成分は、タンパク質50%、食物繊維30%を始めビタミンBや各種ミネラルが含まれており、必須アミノ酸も含んでいます。
食物繊維は消化を助け、腸内で活動し、便秘にも効果的です。また、体内で有害物質を吸着し、排除する働きもあります。また、ビタミンB1は食物から取り入れた糖質を代謝し、効率よくエネルギーに変えるので、脳や体を活発にします。

その他、カリウムが体内の塩分を一定量に保つ働きをするため、高血圧の予防にもなります。このように、酵母には、疲れの原因となる乳酸菌が繁殖するのを防ぐほか、糖尿病、動脈硬化、脳卒中の予防などにも効果がある上、摂 りすぎたカロリーを抑える働きがあります。

酵母の種類と飲み方

酵母には、ビール酵母、パン酵母、グルタチオン入り酵母、糖を培地とするトルラ酵母など多数の種類があります。

参考サイトの紹介

酵母に関しては、以下のページが参考になります。
http://www.yuwaeru.co.jp/shop/hakkou/001.html

[スポンサーリンク]

酵母サプリメントの効果と注意点

酵母は、カビなどと同じ単細胞の微生物の菌類で有機物質に含まれる糖質を分解して栄養分として生きています。酵母はイースト菌とも呼ばれますが、この名称では酵母のイメージを限定してしまいそうです。
それほど、酵母は古来より、ヒトの食生活に深く関わって、酵母による様々な発酵食品を人類は利用してきています。発酵食品の製造には、必須で人類の健康に非常に重要な役割を果たしており、近年、特に注目が集まっています。

酵母の種類は、多種多様で数百種類にも及ぶと言われています。身近なところでは、酵母はパン、酒、味噌、納豆、醤油、酢、チーズ、漬物などの製造に使われています。
酵母がなければ、人類の食生活は種類、味の変化に乏しく、また健康は悪化していたに違いありません。

健康を維持する上で酵素は体内で重要な役割を果たしています。消化には消化酵素、代謝には代謝酵素など酵素は体内で必須の働きをしています。
その酵素を食物酵素としてたくさん含んでいる発酵食品を摂取することは健康増進、維持、病気予防に大いに貢献します。その効能は、ほぼ全てにわたっているので書ききれないほどです。

まとめ

酵母はビール、味噌、しょうゆ、パン、チーズなどの発酵食品をつくるのに欠かせないものです。栄養バランスに優れていることから、古くから医療品としても利用されてきました。酵母は日本でも「エビオス」(アサヒビール薬品㈱)をはじめとして、かなり以前からビール酵母が医薬品としての承認を受けたり、健康食品として登場しています。近年では酵母の有効成分を生かしたサブリメントの開発などで、一層多様な効果が期待できるようになりました。

酵母の有効成分

酵母には必須アミノ酸を含む良質のタンパク質が50%も含まれています。加えて、でんぷんや脂肪、タンパク質が燃えてエネルギーになるために欠かせないビタミンB群や、酵素が働くために必要な微量元素のミネラルも豊富に含まれており、酵母はまさに栄養の優等生です。

最後に

また、酵母の細胞壁はグルカンやマンナンといった消化されにくい成分でできており、体内に摂取されると食物繊維的な働きをします。酵母には腸内環境を整える作用があることもわかっており、便通をよくして大腸ガンの予防も期待できます。

酵母の最近の研究で注目を集めているのが、グルタチオンを多く含む酵母です。グルタチオンは体内で抗酸化、解毒、補酵素、アミノ酸輸送などの生理作用が知られていますが、とくに肝臓の解毒作用に重要な役割を果たしており、グルタチオン高含有エキスを摂取することで肝機能の強化につながります。
また酵母はシミ、ソバカスのもとになるメラニンの発生を抑制するので美白効果も期待でき、女性の人気も高まっています。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。