栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

バナバの効能 効果と注意点

バナバは、血糖値を下げるアジア伝承のダイエット茶です。

バナバは、糖尿病、肥満、便秘、湿疹に効き目があるとされています。

[スポンサーリンク]

バナバの効能

バナバは、和名を(オオバナサルスベリ)と言い、熱帯、亜熱帯地方に広く分布する樹木です。フィリピンでは「女王も手の届かぬ神木、天人花」と呼ばれるほど神秘的な木とされています。

1500年以上前から、フィリピンでは、この葉や樹皮から抽出した液をお茶として、糖尿病や肥満、便秘などを解消する民間治療薬として飲用されてきました。今では、フィリピンではバナバは「薬用植物」に指定されています。
バナバには、インスリンの主成分である亜鉛が豊富に含まれ、糖尿病にかなり効果があるとされています。他にも、バナバにはコロソリン酸という糖分制限に良い成分が血糖値を下げる働きがあることも報告され、糖尿病の治療には欠かせない植物なのです。

バナバは、ミネラルを豊富に含み、食物繊維に至っては何とサツマイモの15倍も含まれているなど、便秘の改善や腸の健康を保つのに役立っています。また、「タンニン」にはコレステロールを下げる働きがあるとも言われています。
他の健康茶に比べて、植物繊維やマグネシウム、亜鉛と言ったミネラル類が豊富な上、ノンカフェインですので、副作用の心配もなく安心して飲用頂けます。但し、血糖値を低下させる機能があるため、極端に低い血糖値を示すような低血糖症の人は摂取に気をつける必要があります。

バナバの種類と飲み方

バナバは、お茶や粒状に加工したものがあります。

バナバの飲み方は、食前もしくは食事を摂りながら飲むと吸収がよくなり、高い効果が期待できます。

参考サイトの紹介

バナバに関しては、以下のページが参考になります。
http://www.riffle.jp/item/a00041.html

[スポンサーリンク]

バナバサプリメントの効果と注意点

バナバは熱帯地方の生息する植物でミツハギ科サルスベリ属の落葉高木で、和名はオオバナサルスベリ(大花百日紅)と言います。
バナバの葉を煮出して健康茶として飲むことは熱帯地域では、1500年以上も古くから行われてきています。

バナバ茶には、ミネラル分のカルシウムやカリウム、マグネシウム、亜鉛が多く含まれています。また、バナバの葉には、食物繊維が25%も含まれています。この量はトウモロコシの約15倍に相当します。
その他、広島大学の研究で、バナバの葉に含まれるコロソリン酸が、インスリンと同じような働きをすることが判明し、更に動物実験で、血糖値の上昇を抑制することが確認されています。ヒトでも同じような作用が期待出来ることは、先端医療振興財団 臨床研究情報センターで確認されています。

これら研究結果から、効能は糖尿病予防、血糖値低下作用、肥満、便秘などがあります。尚、インスリンに含まれる亜鉛がバナバに多いこともインスリンに近い働きをしている可能性があります。

バナバはフィリピンでは、薬用植物に指定されて利用されています。尚、紅茶やコーヒーなどに含まれるカフェインバナバには全く含まれていません。
カフェインが含まれていないため、多く摂取しても健康上の問題は少ないので利用しやすい健康茶です。但し、血糖値を下げるので、低血糖症の人は摂取に注意する必要があります。

まとめ

バナバは熱帯地方でよく見かける街路樹で、薄い色の大きな花を咲かせます。バナバという名前はフィリピンの呼び名で、フィリピンをはじめアジア各地で糖尿病、肥満、便秘、皮膚病治療の民間薬として利用されてきました。
日本ではダイエット茶として紹介されて話題を集めていますが、バナバを飲用している人たちのアンケートによれば、糖尿病、アトピー性皮膚炎、肥満、生理痛などが改善されたという報告があります。

バナバの有効成分

バナバの糖尿病の症状改善作用は、抽出液に含まれるコロソリン酸の働きによるとみられています。細胞膜上には細胞のエネルギー源となるブドウ糖の輸送体が存在し、血液中のブドウ糖を細胞に取り込んでいます。
この輸送体の働きが活発になれば、ブドウ糖が細胞に取り込まれる量が増え、血液中の糖が減少することになります。

最後に

コロソリン酸にはこの輸送体を活性化する作用があり、実験でも輸送活性が45%も上昇するという結果が得られました。
糖尿病患者を対象にした臨床実験でも、バナバの抽出液の投与で血糖値低下が確認されており、昔からの伝承が科学的にも実証されています。

最近の研究では、バナバに非常に強い抗酸化活性も見つかりました。活性酸素は老化を促進させたり、ガンをはじめさまざまな病気の発生に関わっています。バナバの抽出液はこの活性酸素を除去するのではないかと期待されています。
なお血糖値を低下させるには、バナバ茶を食前か食事と一緒に摂取すると、より高い効果が期待できます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。