栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

栄養

スタミナ維持に役立つイソロイシンの効率的な摂り方とは?

イソロイシンは必須アミノ酸のひとつで、バリンやロイシンとともに、筋肉の中で代謝してエネルギー源となるBCAA(分岐鎖アミノ酸)に含まれている成分です。

イソロイシンの栄養効果として、筋肉の消耗防止、皮膚の回復促進、疲労回復、成長促進、集中力アップ、糖尿病の予防・改善、肝機能向上、美肌・美髪づくりなどが期待できます。

イソロイシンの効能

イソロイシンの働きには、筋肉の消耗を防ぎ、皮膚の回復を促す効果があることがわかっています。このため、イソロイシンが不足すると、スタミナの維持ができず疲れを感じやすくなったり、皮膚炎を引き起こしやすくなったりします。

また、筋肉でのグルコースの取り込みにも関与し、グルコースをグリコーゲンとして蓄積する働きを高めたり、血糖値の上昇を抑制したりするため、糖尿病の予防・改善に役立ちます。
そのほか、疲労回復促進、成長促進、集中力アップ、肝機能向上、美肌・美髪づくりなどにも効果を発揮します。

ただし、イソロイシンの過剰摂取は、他のBCAAとのバランスが崩れて体重の減少を招くことがあるため、摂取量の目安は1日あたり体重1kgに対して200mgとなっています。つまり、体重が60kgなら1200mgの摂取が目安となります。

イソロイシンは鶏肉や仔牛肉などの肉類や、鮭などの魚類に多く含まれています。

また、運動30分前にほかのBCAAとバランスよく摂取することで、さらに効率よく体内に吸収させることができます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
388 views