栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

栄養素

にんにくに含まれる血液サラサラ成分、MATSとは?

MATSは、にんにくに含まれる成分のひとつで、正式名称をメチルアリルトリスルフィド(methyl allyl trisulfide)といいます。

MATSの栄養効果として、血液サラサラ効果、血栓防止、抗酸化作用、がん予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防などが期待できます。

[スポンサーリンク]

MATSの効能

MATSには、血栓をできにくくする作用があるとされています。

血栓とは、血液の中の血小板が別の血小板を巻き込んで塊のようになったものをいいます。この血栓が血管の内部を傷つけ、さらに血が流れにくくなると、血管のつまりを引き起こしますが、MATSには、血小板が別の血小板を巻き込む作用を抑える効果があるため、血液中で大きなかさぶたのようなものができないよう働きかけ、さらに、すでに固まってしまった血小板をバラバラにほぐして溶かす効果もあるといわれています。

血栓ができにくくなれば、血栓症の予防につながります。血栓症とは、血管の中にできてしまった血栓がつまりを起こす病気で、脳梗塞や心筋梗塞などが引き起こされるおそれもあります。近年よく耳にするエコノミークラス症候群も血栓症の症状のひとつで、こちらは血栓が肺の動脈を詰まらせる危険があります。

このほか、MATSの強い抗酸化作用が活性酸素を除去することによる、がんや動脈硬化の予防も期待できます。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]