栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

栄養素

うつ症状の緩和や気分の高揚にフェニルアラニン

フェニルアラニンは、肉・魚類・卵・大豆製品などに含まれる必須アミノ酸のひとつで、食事から摂取しなければならない成分です。
フェニルアラニンの栄養効果として、記憶力アップ、うつ症状緩和、精神高揚、鎮痛、白斑治療などが期待できます。

[スポンサーリンク]

フェニルアラニンの効能

脳機能活性化

フェニルアラニンは、体内でノルアドレナリンとドーパミンに転換され、神経伝達物質として働きます。神経伝達物質は脳と神経細胞の間で信号を伝達する役割を持つ化学物質で、気分の落ち込みや無気力を緩和し、精神を高揚させるため、うつ症状の緩和にも効果的とされています。

また、記憶力を向上させる作用もあるといわれています。

鎮痛作用

フェニルアラニンには痛みを抑える効果があり、人工的に合成されたDL-フェニルアラニンは、鎮痛剤として医療現場で利用されており、外傷・骨関節炎・慢性関節リウマチ・腰痛・片頭痛・神経痛・筋肉痙攣・手術後の痛みを軽減させます。

また、脳内でモルヒネのような働きをするエンドルフィンの産出と活性を正常なレベルにまで高めて痛みを抑える効果がありますが、習慣性・毒性がなく、長期間使用しても効果が低下することがありません。フェニルアラニンは、繰り返し使うことでより効果的に痛みを軽減できるという特徴を持っています。

また、抗うつ作用があるため、アスピリンなどの一般的な鎮痛剤が効かない人にも効くケースが多いといわれています。

皮膚疾患への効果

白斑の治療には、フェニルアラニンの経口摂取と紫外線A波の照射、またはフェニルアラニンの外用と紫外線A波の照射の組み合わせで有効性があるとされています。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]