栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

栄養素

バリンはアスリートに不可欠な筋肉増強成分

バリンは必須アミノ酸のひとつで、ロイシン・イソロイシンとともに分岐鎖アミノ酸(BCAA)に含まれる成分です。
バリンの栄養効果として、筋肉の代謝促進、血液中の窒素バランスの調整、肝硬変改善、疲労回復、美肌づくり、食欲増進などが期待できます。

[スポンサーリンク]

バリンの効能

今日では、バリンの働きこそが筋肉を強くするアミノ酸だということがわかっているため、バリンが不足すると筋肉組織を破壊するといわれています。ただし、普通の食事を摂っていれば、バリンの不足を引き起こすことはほとんどありません。

バリンには、筋肉増強のほかにも、

  • 筋肉修復(筋肉内で消費されるエネルギーに変換されるため)
  • 血液内の窒素バランスを整える(体内に窒素を補給する働きがあるため)
  • 肝硬変の改善(肝臓のタンパク質の合成が促進されるため)
  • 疲労回復(使用した筋肉を再構築するため)
  • 美肌づくり(コラーゲン同士を結びつける働きがあるため)
  • 食欲増進

といった効能があります。

ただし、バリンを過剰摂取すると、BCAAをはじめとするほかのアミノ酸とのバランスを崩し、免疫力の低下などを促してしまうため、摂取量の目安は1日あたり体重1kgに対して26mgとなっています。つまり、体重が60kgであれば1560mgの摂取が必要となります。

バリンは、レバーや牛肉などの肉類や、チーズなどの乳製品に多く含まれています。
バリンを含むBCAAは、運動30分前に摂取することで、効率よく体内に吸収することができます。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]