ガルシニアカンボジア

ガルシニアカンボジアは、糖質による肥満を予防して食欲も抑制します。

ガルシニアカンボジアは良く効くのは、肥満やダイエット、食べ過ぎなどに効き目があるとされています。

サプリメントの注意事項
[スポンサーリンク]

ガルシニアカンボジアの効能

ガルシニアカンボジアは、南アジア原産の果実で、「マンゴスチン」の仲間です。その果皮は、古くからカレーなどの調味料に用いられてきました。
脂肪の合成を妨げるとともに、脂肪の消費を促進させ、食欲を抑えるグリコーゲンを産出させることからダイエット効果がある果物として注目を浴びています。

余分に摂取した栄養分は、体脂肪として蓄積され肥満となってしまいます。しかし、食前にこのガルシニアカンボジアを摂っておくと、ダイエット成分と呼ばれるHCAの働きで脂肪の燃焼を抑える物質を減少させ、蓄積した皮下脂肪がエネルギーとして代謝されると同時に脂肪がつきにくくなるため、食べても太らないのです。
なお、摂取したカロリーは十分にあるため、疲労感や倦怠感も起こらずにダイエットが可能なのです。

更に、体脂肪にならなかったブドウ糖はグリコーゲンとなり、その働きにより満腹中枢が刺激されるため、空腹感を感じにくくなり、食事の量が自然に減るという効果もあります。

最近では、ガルシニアエキス入りの食材を摂取した人の方が明らかに運動持久力が高まったという結果も出るなど、ますます注目が集まっています。

ガルシニアカンボジアの種類と飲み方

ガルシニアカンボジアには、錠剤や粒があります。ガルシニアエキスやHCA配合と表記されている場合もあります。ガルシニア・カンボジアのエキスだけでなく、クロミウムやトウガラシ,ギムネマ,ビタミンB類なども配合されているのが多いようです。

ガルシニアカンボジアの飲み方としては、食前に500mg程度を摂取するのが良いとされています。

[スポンサーリンク]

ガルシニアカンボジアの効果と注意点

ガルシニアカンボジアはオトギリソウ科に属する常緑樹で、熟した果実は生で食べることができ、その皮には甘酸っぱさがあり、乾燥させてスパイスとして利用されています。

果実には、ヒドロキシクエン酸(HCA)という空腹感を紛らわせて食欲を抑制し、かつ脂肪の合成を抑制する効果があるという研究報告が出されてダイエットに有効であるとして利用されています。

しかし、一方で、ダイエット効果はないという研究報告もあるので、ガルシニアカンボジア利用に当たっては、最新の情報を確認してからにするほうが良いでしょう。
また、ラットを使った動物実験では、ホルモン分泌への影響があることが分かっているのでサプリメントして利用する場合は、摂取量に注意をする必要があります。
尚、定められた摂取量を大幅に超えない限り、副作用が起きるなどの危険性は非常に低いとされています。

ダイエット以外の効能としては、2002年に胃の酸性状態(胃酸過多)を緩和する働きが見つかっています。
古くからインドでは民間療法として胃潰瘍の治療に使われたり、赤痢、下痢などの症状に使われてきています。
また、最近になって、ガルシニア カンボジアのエキスを摂取することで、運動持久力が明らかに上がったということも分かり注目を集めています。

ガルシニアカンボジアはオトギリソウ料の果樹

ガルシニアカンボジアは、インドやスリランカに自生するオトギリソウ料の果樹です。果物の女王と称されるマンゴスチンと同じ仲間で、オレンジほどの犬きさの実がなります。ガルシニアカンボジアの果皮に豊富に含まれるハイドロキシクエン酸(HCA)という有機酸が肥満予防に効果があるとして、ダイエット食品やサプリメントに多く登場しています。

ガルシニアカンボジアの有効成分

HCAは、体内で糖質が脂肪に変わる経路を阻害する作用をもつといわれています。糖質は砂糖などの甘いものだけでなく、ご飯をはじめとした炭水化物にも含まれています。この糖質は体内でブドウ糖に分解され、エネルギーを生産する原料となります。エネルギー消費量より余分に摂った糖質はグリコーゲンに変換されて蓄えられ、エネルギーが必要となったときに血液中に放出されますが、それでも余った場合は脂肪に変換されて蓄積されてしまいます。その脂肪への変換をHCAが阻止してくれるのです。

ガルシニアカンボジアの人気

アメリカを始め140ヶ国で放送されている人気の健康情報トーク番組『ドクター・オズ・ショー』で、司会者のマホメット・オズ医師が「ガルシニアカンボジアはダイエットの聖杯」と絶賛したことで大きな注目を集めました。

このガルシニアカンボジアで特筆すべきは、脂肪だけを落とし、筋肉を保つ点でしょう。
ダイエットによっては、体重を落とすと同時に筋肉が落ちてしまうために、体内の筋肉の割合が減って、結果的にダイエット前より脂肪体質になってしまうケースに注意しなければいけません。一方でガルシニアカンボジアのダイエット効果では、筋肉を落とさずに体重を減らすため、同じ体重でも筋肉がちゃんとあってカロリーを燃焼しやすい体質(=脂肪体質ではない、太りにくい体質)のダイエットになります。

ガルシニアカンボジアは長い間、食事の一部として食されてきた果物でもあるので副作用の危険は少ないのですが、サプリメントによっては「血糖値を下げる働きがある」と注意書きがされているものもあるので、妊娠中や授乳中の方、糖尿病の薬(インスリンや、グリブリドなど)を服用中の方はお控えください。

最後に

肥満というと脂肪の摂りすぎだけが問題視されがちですが、炭水化物の摂取が多い日本人の肥満予防策として、ガルシニアカンボジアのHCAはかなり有効といえそうです。1993年に発表されたアメリカの臨床実験によれば、ガルシニアエキスと偽薬を用意し、わからないように与えて効果をみる二重盲験試験で、ガルシニアエキスを服用した人は平均で5kg、偽薬は2kgの減少がみられたといいます(他のダイエット材も併用したそうです)。

ガルシニアカンボジアのHCAが糖質の脂肪合成を阻止することで、グリコーゲンを蓄えている肝臓のエネルギーモニターが満腹中枢を刺激するため、食欲も抑えられるという効果も明らかになっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[スポンサーリンク]

ピックアップ記事

  1. 身体に悪い外食が多い人にお勧めのサプリは?

  2. 免疫力アップを目指すなら旬の食材を積極的に!

新着記事

記事カテゴリ

一般的効果と注意点

青汁
アガリクス
アスパラギン酸
アセロラ
アミノ酸
アルギニン
アロエ
亜麻仁油
イソフラボン
イチョウ
イヌリン
EPA・DHA
ウコン
鳥骨鶏
エキナセア
エゾウコギ
オウギ
オメガ3
オリーブ
オリゴ糖
大麦若葉
カイアポいも
カヴァカヴァ
牡蠣
カゼインホスホペプチド
カプサイシン
カモミール
ガラナ
カルシウム
ガルシニアカンボジア
カルニチン
カンゾウ
葛根エキス
キチンキトサン
キトサン
ギムネマシルベスタ
キャッツクロー
クエン酸
クコシ
クマザサ
クランベリー
グルコサミン
グルコマンナン
グレープシード
クロレラ
クロロフィル
黒酢
桑の葉
ケール
ケルプ
コエンザイムQ10
ゴールデンシール
コラーゲン
コンドロイチン
コンフリー
紅麹
紅茶キノコ
酵母
高麗人参
ザクロ
サフラワー
サミー
サメ軟骨
しじみ
しそ・しそ油
ショウガ
植物性プラセンタ
食物繊維
深海ザメエキス(スクアレン)
スッポン
スピルリナ
スルフォラファン
セサミン
セラミド
セルロース
セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)
ホーソーン(セイヨウサンザシ)
タウリン
大豆タンパク質
月見草
甜茶
ドクダミ
杜仲茶
当帰
ナットウキナーゼ
にんにく
乳酸菌
ホエイプロテイン
ノコギリヤシ
ノニ
梅肉
ハトムギ
バナバ
パパイン
パラチノース
バレリアン
ヒアルロン酸
ピクノジェノール
フィーバーフュー
プーアル茶
フコイダン
プラセンタエキス
フラボノイド
ブルーベリー
プルーン
プロテイン
プロポリス
プロリン
ペプチド
ホスファチジルセリン
ポリフェノール
マカ
マスティック
マムシ粉末
マリアアザミ(ミルクシスル)
メグスリノキ
メシマコブ
メラトニン
モロヘイヤ
ヨヒンビン
よもぎ
ラクトトリペプチド
ラズベリー
羅布麻茶
羅漢果
緑茶
リノール酸
ルイボス
ルチン
ルテオリン
霊芝
レシチン(ホスファチジルコリン)
レモンバーム
ローヤルゼリー
ローズオイル
ビタミンA
ビタミンB群
ビタミンC
ビタミンE
βカロテン
αカロテン
イノシトール
コリン
ナイアシン(ニコチン酸・ビタミンB3)
葉酸
パントテン酸(ビタミンB5)
ビオチン(ビタミンH)
ビタミンD
ビタミンK
ビタミンP
ビタミンU

亜鉛
イオウ
塩素
カリウム
クロム
ケイ素
ゲルマニウム
コバルト
セレニウム
ナトリウム
ニッケル
バナジウム
マグネシウム
マンガン
モリブデン
ヨード
リチウム
リン
ページ上部へ戻る