栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

栄養

アシドフィルスで腸内環境を整えるメリットとは?

アシドフィルスは、人間の体内にもともと存在する乳酸菌の一種です。

アシドフィルスの栄養効果として、腸内環境正常化、免疫力アップ、口臭・胃炎・胃潰瘍の予防などが期待できます。

アシドフィルスの効能

腸内環境を整える

腸内で悪玉菌が増殖すると、悪玉菌によって毒素が作られます。その毒素は腸に直接的にダメージを与え、便秘や下痢などの原因にもなるといわれています。腸は、食生活の乱れやストレスなどの影響によって悪玉菌が優勢になるとアルカリ性になります。

アシドフィルスには、腸内に入ると糖から乳酸を作り出し、腸内を酸性に整えて腸内環境を整える働きがあります。

免疫力を高める

腸内で悪玉菌が作り出す毒素は、腸壁から吸収されて全身に回ってしまい、これが生活習慣病やその他さまざまな病気の原因となります。
アシドフィルスは、腸内を酸性に保って悪玉菌の増殖を抑えることで、免疫力を向上させます。

口臭を予防する

腸内環境が悪玉菌優勢に傾くことで毒素が作り出され、これが口臭や体臭の原因となります。
アシドフィルスには腸内環境を酸性に保つ働きがあるため、口臭の予防・改善にも役立ちます。

胃炎・胃潰瘍を予防する

ヘリコバクター・ピロリ菌はウレアーゼという酵素を作り出し、胃粘膜の成分である尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解します。この強アルカリ性のアンモニアで自身を覆うことで、強酸性である胃酸と中和し生息しています。

アシドフィルスは、胃潰瘍の原因となるこのヘリコバクター・ピロリ菌に対して強力な殺菌作用を持っているため、胃潰瘍の予防に効果的といわれています。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
495 views