栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

栄養

トンカットアリには現代人が求める健康効果が満載

トンカットアリは、ストレス社会で生きる現代人にこそ必要な栄養成分です。

トンカットアリの栄養効果として、動脈硬化予防、ストレス軽減、がん予防などが期待できます。

トンカットアリの効能

動脈硬化予防

体内の脂肪やコレステロールが酸化すると過酸化脂質となって血管にこびりつき、動脈硬化などの原因になるといわれています。
トンカットアリには高い抗酸化作用を持つサポニンが含まれており、体内の脂質やコレステロールの酸化を防いでくれるため、動脈硬化予防に効果的です。

ストレス軽減

人間関係や仕事などの日常的なストレスにより、体内ホルモンは乱れていきます。
トンカットアリは、クラチャイダムやマカに含まれていることで知られるアルギニンを含んでおり、ストレスで乱れたホルモンバランスを体の内側からゆっくりと正常化してくれます。

がん予防

トンカットアリに豊富に含まれるカッシノイドという苦味成分には、高い抗がん作用・抗腫瘍性があるといわれており、世界中で研究が進められています。
クラチャイダムやマカにはこのカッシノイドは含まれておらず、滋養強壮に効果のある原料の中では、トンカットアリだけが含んでいるといわれています。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
406 views