栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

栄養素

キチンが免疫力を高めて血中コレステロール値をダウン

キチンはカニの甲殻などに含まれる不溶性食物繊維で、これを化学処理したものがキトサンです。

キチンの栄養効果として、血圧低下、コレステロール低下、ビフィズス菌の育成促進、抗菌作用、ダイオキシン・重金属の体外排出、老化予防、抗がん作用、免疫力強化などが期待できます。

[スポンサーリンク]

キチンの効能

人体に有効な働きをするのは主にキトサンです。キトサンはアミノ基というものを持っており、このアミノ基には有害物質を吸着する作用があります。例えば、高血圧の原因となる塩素を腸管内で吸着して体外へ排泄します。すると、血圧への影響がなくなるため、降圧効果が得られるといわれています。

同じく、コレステロールから作られる胆汁酸を吸着して排泄すると、胆汁酸を作るためにコレステロールが肝臓に運ばれるため、血中コレステロール値が低下すると考えられます。

また、ラットの実験やヒトへの投与で、キトサンには、マクロファージの活性化、コレステロール値低下、ビフィズス菌の育成促進、抗菌作用があるということもわかっています。

マクロファージは免疫に大きく関わる細胞で、生体内に侵入した異物を消化する働きがあるため、マクロファージが活性化するということは、免疫力が高まるということにつながり、その結果、病気にかかりにくくなるだけでなく、体本来の力で治癒できるようになります。

さらに、最近の研究では、キトサンが体内に残存するダイオキシンの排泄に深く関与しているらしいことや、人体に対して毒性の強い重金属を体外に排出する働きを持っているらしいこともわかっています。

そのほか、老化予防や抗がん作用にも有効とされています。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]