栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

栄養

多すぎても不足してもNG!コレステロールの役割とは?

コレステロールは遊離脂肪酸の一種で、大きく分けて善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があります。

コレステロールの栄養効果として、妊娠維持、性的能力向上、細胞膜や血管の強化などが期待できます。

コレステロールの効能

コレステロールは、食事で摂取することもできますが、体内のほうが倍近く生成されます。

なにかと敵視されがちなコレステロールですが、悪玉コレステロールはコレステロールを体内に運び、善玉コレステロールは体内で余ったコレステロールを回収して肝臓に運び、肝中やホルモンとして再生できるようにする大切な役割をそれぞれ持っています。

コレステロールが不足すると、貧血が起こりやすくなったり、低コレステロール血症となったりして死亡率が高くなりますが、逆に血中コレステロール値が上昇すると、高脂血症・高血圧・動脈硬化などを招き、死に至る危険性のある生活習慣病にかかりやすくなります。

コレステロールは、適度な摂取を保つことで、妊娠の維持、性的能力の向上、細胞膜や血管の強化といった効能が期待できます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
387 views