栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

栄養素

コンドロイチン硫酸が保水性・弾力性を与えて体をアクティブに

コンドロイチン硫酸はムコ多糖類の一種で、食物繊維の仲間です。
コンドロイチン硫酸の栄養効果として、目の粘膜の保護、体に保水性・弾力性を与える、栄養成分の消化・吸収・代謝の促進、精子の増加、皮膚の老化防止、骨粗鬆症予防、高血圧・動脈硬化の予防、関節の動きの円滑化、目の角膜・水晶体の透明度維持などが期待できます。

[スポンサーリンク]

コンドロイチン硫酸の効能

コンドロイチン硫酸はコラーゲンとともに結合組織を構成し、体細胞が正常に生存できるよう、組織に弾力性・保水性を与え、栄養成分の消化・吸収から代謝に至るまで関わりを持っています。

年齢が若いうちは体内でも生成されますが、歳をとるごとに生成されにくくなり、不足しがちになります。コンドロイチン硫酸が不足すると、皮膚の保水性・弾力性が失われてしまいます。
コンドロイチン硫酸の主な効能としては、

  • 目の粘膜を保護し、弾力性・透明感を保つ
  • 栄養成分の消化・吸収・代謝の促進
  • 精子を増やす
  • 皮膚の老化防止
  • 骨粗鬆症予防
  • 高血圧や動脈硬化の予防

などが挙げられます。

[スポンサーリンク]

むくみとセルライトにお悩みなら

セルライト専門のニューヨーク皮膚科医、グミリック博士とグラフ博士が薦める対策は2つです。

(1)リンパや血液の流れをよくするマッサージをする

(2)糖分は避けて、緑葉野菜たっぷりの食事を摂る

そこで、、、
むくみとセルライトにお悩みなら

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。



おすすめ

[スポンサーリンク]