栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

栄養

ラクトフェリンが免疫力を高めて感染症やがんを予防

ラクトフェリンは牛乳やナチュラルチーズなどに含まれるタンパク質のひとつで、最近では特に免疫療法の分野で注目されている成分です。

ラクトフェリンの栄養効果として、免疫力強化、がん予防、抗ウイルス作用、ピロリ菌・歯周病菌の抑制、ビフィズス菌増殖、貧血改善、抗炎症作用、関節炎改善、内臓脂肪減少などが期待できます。

ラクトフェリンの効能

ラクトフェリンの主な効能としては、免疫力アップによる感染症予防をはじめ、最近ではがん予防にも有効といわれている免疫調整作用が挙げられます。

また、ピロリ菌や歯周病菌を抑制する抗ウイルス作用や、関節炎・大腸炎などを改善する抗炎症作用も、ラクトフェリンの効能としてよく知られています。
このほか、

  • 大腸内のビフィズス菌増殖による腸内細菌バランスの調整
  • 鉄吸収調節作用による貧血改善
  • 脂質代謝改善作用による内臓脂肪の減少

といった効果も期待できます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
390 views