栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

栄養

リグニンは生活習慣病予防とがん予防の両方に効果を発揮

リグニンは植物の細胞壁を構成する成分のひとつで、ゴボウなどに多く含まれる不溶性食物繊維です。

リグニンの栄養効果として、抗菌作用、コレステロール減少、生活習慣病・がんの予防、ダイエットなどが期待できます。

リグニンの効能

リグニンには抗菌作用があり、腸内で発がん物質を吸着させるほか、胆汁の主成分である胆汁酸を吸着して体外に排出する働きがあります。

また、胆汁の主成分である胆汁酸を吸着し、体外に排出する働きもあります。

胆汁酸の原料はコレステロールです。つまり、胆汁酸が排出されるということはコレステロールの減少につながるため、ダイエット効果が期待できるということになります。

実際、栄養学の分野では、ピュアココア(ココア豆からカロリーの高いココアバターをしぼったもので、ココアパウダーとしてチョコレートの主原料になる)などに含まれている食物繊維としてのリグニンは難消化であるため、腸管内の残留物の排出や、肥満などの各種生活習慣病の予防やダイエットに役立つとされ、機能のさらなる研究が進んでいます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
558 views