栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

栄養

ヒハツで高い冷え性改善効果を期待

ヒハツは、ナガコショウまたはロングペッパーとも呼ばれるコショウの仲間で、主に東南アジアに分布する植物です。

ヒハツの栄養効果として、冷えの改善、胃腸の不調改善、血管拡張、新陳代謝アップ、栄養素の吸収促進などが期待できます。

ヒハツの効能

血管の拡張効果

ヒハツに含まれるピペリンには、血管を拡張し血液の流れをよくする効果があるといわれています。

新陳代謝の向上

代謝とは、食事やサプリメントなどから摂った栄養素をエネルギーに換えて消費することです。ヒハツを摂取することにより、この代謝がアップするといわれています。代謝機能が上がれば、栄養を効率的に吸収できるようになるため、余分なものを体にためにくく、太りにくい体になります。

栄養素の吸収促進

ヒハツには、あわせて吸収した他の栄養素の吸収効率を高める効果があるといわれています。

そのほかの効果

ヒハツは、冷えや胃腸の不調を改善する効果も期待できます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
795 views