栄養素

リンゴ酸が自然治癒力を高めて疲労を回復

リンゴ酸は有機酸のひとつで、リンゴに含まれる酸味成分です。

リンゴ酸の栄養効果として、疲労回復、自然治癒力アップ、胃腸炎予防、デトックス効果などが期待できます。

[スポンサーリンク]

リンゴ酸の効能

リンゴ酸はクエン酸サイクルを活発にする役割を持つため、疲れやすさを解消して疲労回復を促す働きや、肉体疲労を軽減する働きがあります。

また、体内を弱アルカリ性に保つ働きがあるため、自然治癒力アップ、胃腸病などの予防、デトックス作用といった効果も期待できます。

リンゴ酸は、リンゴをはじめ、なつめ・梨・赤ブドウなどに多く含まれています。

ただし、過剰摂取は口の中に炎症を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

[スポンサーリンク]

免疫力を高めて菌に負けない抗菌パワー

マヌカハニーの高い抗菌作用をもたらす抗菌活性物質は、MGO(食物メチルグリオキサール)であることがドイツのドレスデン大学のトーマス・ヘレン教授によって発見され、MGOの測定法が標準化されています。

医療用にも使われるマヌカハニーを購入する際は、MGO抗菌グレード(数値が高いほど抗菌力がある)をお確かめください。

初心者には、MGO 250+の初めてセットがおすすめです。
免疫力を高めて菌に負けない抗菌パワー

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。



おすすめ

[スポンサーリンク]