栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

栄養

現代社会にあふれるブルーライトをルテインが吸収

ルテインはカロテノイドの一種で、植物や野菜の色素成分です。

ルテインの栄養効果として、抗酸化作用、老化防止、がん予防、ブルーライトの吸収、眼病予防などが期待できます。

ルテインの効能

ルテインは特に目の水晶体や黄斑部に多く存在し、光そのものを遮る働きや抗酸化作用を持っています。そのため、紫外線などの有害な光の一部が細胞に達してしまっても、抗酸化作用の働きでそのダメージを防ぐことができます。つまり、遮光と抗酸化作用のダブルブロックにより、外から入ってくる有害な光線から目を守るのです。

有害な天然光として知られる紫外線ですが、光線の中で最も高いエネルギーを持つのはブルーライトです。この人工的に作られた光に多く見られるブルーライトは、蛍光灯、テレビ・パソコン・ゲーム・携帯電話の画面などから主に発せられていますが、ルテインには、これらの日常的に欠かせない機器が発するブルーライトを吸収する性質があります。そのため、ルテインが不足すると、水晶体においては白内障、黄斑部においては加齢黄斑変性症という、目に関する疾患の原因のひとつになるということがわかっています。

目を守るためには、パソコン・テレビ・ゲーム・携帯電話などの画面を長時間見続けないようにすることはもちろん、それとともに、目の健康を守ってくれるルテインを毎日摂取することが大切です。

そのほかにも、ルテインには、抗酸化作用によって脂質の酸化を防いだり、細胞を保護したりして老化やがんを予防する働きがあります。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
458 views