栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

栄養素

アレルギーを引き起こす可能性をメチオニンが下げる!?

メチオニンは牛肉やレバーなどに多く含まれる必須アミノ酸のひとつで、硫黄を含んだ含硫アミノ酸です。
メチオニンの栄養効果として、抗アレルギー作用、肝機能強化、うつ症状改善、老化防止、薄毛予防などが期待できます。

[スポンサーリンク]

メチオニンの効能

メチオニンにはアレルギーを引き起こすヒスタミンの血中濃度を引き下げる働きがあるため、不足するとアレルギーを引き起こす可能性や血中コレステロール値が高くなります。
そのほかにも、メチオニンには次のような効能が期待できます。

  • 肝機能強化(肝臓の代謝がアップするため)
  • うつ症状改善(うつ病を予防する神経伝達物質のもとになるため)
  • 老化防止(抗酸化ミネラルであるセレンを運ぶ働きがあるため)
  • 薄毛予防(毛髪の健康を維持するため)

ただし、メチオニンの過剰摂取は動脈硬化のリスクを高めるほか、嘔吐やめまい、低血圧などの副作用も起こりえるため、摂取量の目安は体重1kgあたり15mgとなっています。つまり、体重が60kgの場合、1日の摂取量は900mgとなります。

一方、メチオニンが欠乏すると肝臓や腎臓に障害が出やすくなります。

メチオニンは牛肉や鶏肉などの肉類のほか、魚類、乳製品類、大豆製品に多く含まれていますが、緑黄色野菜などと一緒に摂ればミネラルも摂取でき、効率がさらにアップします。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]