栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

栄養

ビタミンB13(ビタミン様物質) オロット酸

オロット酸とはあまり聞きなれない栄養素の名前です。乳清から発見された物質で、ビタミンB13と呼ばれてはいるものの、ビタミンとよく似た作用をする『ビタミン様物質』です。ビタミンB群の一種である、葉酸とビタミンB12のはたらきを助けます。食物からも摂取されますが、ヒトやマウスなど比較的高等な生物では体内で合成されます。したがって必須栄養素ではありません。

体内の作用

オロット酸は、葉酸やビタミンB12をサポートしています。肝臓の薬としても使用されます。抗酸化作用があるので老化防止などへの作用も注目されています。未だ研究の余地がある物質です。

オロット酸欠乏症

食物摂取、体内合成の両方があるので基本的には欠乏の恐れはありません。

オロット酸過剰症

日本では非常に珍しい疾患ですが、核酸の構成成分であるピリミジンの代謝異常がある場合にオロット酸が過剰になります。この時、過剰になったオロット酸が尿に排出されます。これをオロット酸尿症といいます。遺伝性で巨赤芽球性貧血や腎障害,心奇形,斜視、知的障害などの症状がでます。

オロット酸を多く含む食品

根菜類、小麦胚芽、ビール酵母などがよく知られています。

最後に

オロット酸に抗酸化作用があるということは知られていますが、まだ研究余地のある物質です。近年になってビタミン様物質が老化防止と関連するとして非常に注目されており、オロット酸のはたらきも今後大きく注目される可能性があります。体内合成可能なためにサプリメントとして発展しにくいことが研究成果の少ない一因だと考えられます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
728 views