栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

栄養素

ペクチンは生活習慣病予防に有効な食物繊維

ペクチンは果物に多く含まれている食物繊維で、水溶性と不溶性の両方を持つ天然の多糖類です。

ペクチンの栄養効果として、コレステロール低下、糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞・肥満・便秘の予防・改善、整腸作用、善玉菌増加などが期待できます。

[スポンサーリンク]

ペクチンの効能

ペクチンには、コレステロール低下、肥満・便秘の予防・改善などに効果があるといわれています。

ペクチンは整腸作用があり、下痢や便秘を予防するほか、血中の悪玉コレステロール値を下げる働きもあるため、糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞にもよい効果をあげるとして注目されています。
りんごに含まれるペクチンにはケイ素というミネラルが多く含まれており、腸内の善玉菌を増やす働きがあるといわれています。

このりんごペクチンに多く含まれるケイ素は必須性が明らかになりつつある元素のひとつで、コラーゲンを束ねて結合組織を強化します。そのため、不足すると皮膚がたるんでシワができるほか、爪が割れる、髪が抜ける、腱や血管が弱くなるなどの症状が現われます。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]