栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

栄養

スコルジニンが血管を拡張して血行を促進

スコルジニンはニンニクの主成分のひとつで、硫黄化合物です。

スコルジニンの栄養効果として、新陳代謝アップ、血管拡張、血行促進、血圧低下、酸化還元作用、消化機能向上、老廃物や毒素の酸化分解、疲労回復、冷え性改善、食欲不振解消、肥満防止、利尿・発汗・消化の促進、心機能強化、精子の増殖促進などが期待できます。

スコルジニンの効能

スコルジニンは、アリシンと同様に新陳代謝を活発にするほか、血管を拡張させる効果もあるため、末梢血管を拡張して血行をよくし、血圧を下げる作用があります。

また、強力な酸化還元作用によって、体内に入った栄養物を完全に燃焼させてエネルギーにする効果があり、エネルギー代謝の効率をアップさせることから、肥満を防止する効果もあるといわれています。

さらに、心臓の筋肉に作用することで拍動を活発にして呼吸をスムーズにしたり、胃液の分泌を活発にして消化機能を向上させたりする働きがあるほか、組織内に蓄積する老廃物や毒素を酸化分解して、体外に排出する手助けもします。

そのほか、疲労回復、冷え性改善、食欲不振解消、利尿作用、発汗促進、精子の増殖促進といった効果も期待できるといわれています。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
526 views