栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

栄養

セサミノールの抗酸化作用で若々しく健康な体づくり

セサミノールは、ゴマの種子に含まれる抗酸化物質のひとつで、老化やがん化を防ぐ作用がある成分です。

セサミノールの栄養効果として、抗酸化作用、動脈硬化予防、老化防止、美肌づくり、貧血予防、コレステロール低下、抗がん作用などが期待できます。

セサミノールの効能

体内や食品中の脂質が酸化されてできる過酸化脂質が細胞の老化やがん化の原因のひとつと考えられていますが、セサミノールの抗酸化作用により、過酸化脂質や、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールの生成が抑制されるといわれています。

また、二日酔いの元凶となるアセトアルデヒドの分解を速める作用があるため、肝臓の負担を軽くする効果もあると考えられています。

ゴマは動脈硬化予防に効果的であるだけでなく、老化を遅らせて若々しい肌を作るのを助けたり、鉄欠乏性貧血を予防したりする働きもあるので、テーブルに常備し、料理に一振りする習慣をつけるのがおすすめです。

セサミノールはゴマよりもゴマ油に多く含まれていますが、ゴマを食べることにより、腸内で細菌の働きによって生成されます。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
454 views