栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

栄養素

ゼアキサンチンで現代人の視力低下を防止

ゼアキサンチンは、トウモロコシやパパイヤなどに含まれるカロテノイドの一種です。

ゼアキサンチンの栄養効果として、黄斑変性症予防、白内障予防、抗酸化作用、動脈硬化予防、糖尿病予防、がん予防などが期待できます。

[スポンサーリンク]

ゼアキサンチンの効能

ゼアキサンチンは、人体では黄斑部によく存在しており、目に入ってきた有害なブルーライトを吸収する働きがあるため、適切に摂取することにより、目の健康を維持することができます。

目のダメージを防ぐ以外にも、有害な光を吸収するのを手助けして黄斑変性症を予防したり、水晶部の濁りの原因となる活性酸素を除去して白内障を予防したりする働きがあり、同じキサントフィル類であるルテインを多く含む食品と一緒に摂るとより効果的と考えられています。

さらに、抗酸化作用による動脈硬化・糖尿病・がんの予防も期待できます。

効果的にゼアキサンチンの効能を得るためには、1日の摂取量を6mg程度にするとよいといわれています。また、ビタミンCなど水溶性ビタミンを多く含む食品と一緒に摂ると、効率よくゼアキサンチンを吸収することができます。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]