栄養素

ショ糖は動物にとっての大切なエネルギー源

ショ糖は砂糖の主成分で、ブドウ糖と果糖が結合した糖です。
ショ糖の栄養効果として、集中力・運動能力の向上、抗酸化作用、防腐作用などが期待できます。

[スポンサーリンク]

ショ糖の効能

ショ糖は動物にとってエネルギー源になる非常に重要な成分で、適度な摂取により集中力や運動能力を高めてくれるほか、メイラード反応による抗酸化作用や、食品を長持ちさせる防腐作用、デンプンが硬くなるのを防ぐ作用などもあります。

ただし、ショ糖の不足による問題はありませんが、過剰摂取は次のようなさまざまな問題を引き起こします。

  • 口腔内の細菌がショ糖を材料として脂質を壊すため、虫歯の原因になる
  • ショ糖はカロリーが高いため、肥満の原因になる
  • ショ糖は中性脂肪が高くなりやすいため、糖尿病の原因になる

これらを防ぐためには、朝食時に摂取することがポイントになります。これにより、効率よくエネルギーを摂取することができるようになります。
摂取量は成人女性で20g、ティースプーンで4杯程度が目安となります。

[スポンサーリンク]

巣ごもりに栄養を!

栄養士の献立を簡単レシピでお届け!

【選べる4つのミールキット】

1食あたり300円で栄養バランスもお墨付きです。

無駄な食材なし! 危険な買い出しにいく必要なし!

感染防止に、免疫力を強化して乗り切ろう。
巣ごもりに栄養を!

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。



おすすめ

[スポンサーリンク]