栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

栄養素

クルクミンは二日酔い予防に効くポリフェノール

クルクミンはポリフェノールの一種で、ウコンの主成分となる黄色色素です。
クルクミンの栄養効果として、二日酔い予防、肝機能強化、神経系疾患の予防・改善、循環器系疾患予防、消化器系疾患の予防・改善、感覚器疾患予防、皮膚疾患予防、がん予防などが期待できます。

[スポンサーリンク]

クルクミンの効能

二日酔い予防

二日酔いは、大量に摂取したアルコールを肝臓で代謝しきれなくなることで引き起こされます。つまり、肝機能を強化すれば、二日酔いを予防できるのです。
クルクミンには肝機能を強化する効能があるといわれているため、アルコールを摂取する1時間程前に摂取すれば、二日酔いになりにくくなるといわれています。また、飲酒後にもクルクミンを摂取すれば、さらに高い二日酔い予防効果を実感できると考えられます。

神経系疾患の予防・改善

アルツハイマー病や神経変性疾患の予防・改善をはじめ、ストレスに負けない神経を作ります。

循環器系疾患の予防

クルクミンには、悪玉コレステロールの酸化や血管への付着を抑制する働きがあるため、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞の予防に用いられることもあります。
また、糖尿病によって引き起こされる合併症を予防する効能も期待できます。

消化器系疾患の予防・改善

胃腸の働きを活性化する働きがあるため、食欲の増進にも有効です。
また、消化機能不全への効能も期待できます。

感覚器疾患の予防

紫外線の刺激から皮膚を保護したり、皮膚へ色素が沈着したりするのを防ぐ効能が期待できます。
また、皮膚がんの予防にも効果が期待できます。

がん予防

クルクミンには、肝臓がん・肺がん・皮膚がん・大腸がん・前立腺がん・乳がん・腎臓がんを予防する効能が期待できます。クルクミン単体では効果はありませんが、体内でテトラヒドロクルクミンに変化することで効能を発揮します。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]