栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

栄養素

グリコーゲンは人間の活動に欠かせない存在

グリコーゲンは、多数のブドウ糖が複雑につながった動物性の多糖類です。

グリコーゲンの栄養効果として、エネルギー源、血糖値の調整、脳の活性化、集中力アップなどが期待できます。

[スポンサーリンク]

グリコーゲンの効能

エネルギーの貯蔵庫としての働き

食事などで摂取された糖質は消化・吸収されて血液中に取り込まれます。取り込まれた糖質の一部はすぐにエネルギー源として利用されますが、使われなかった分はグリコーゲンに合成されて体内で蓄えられ、血液中の糖質が減少してくるとグリコーゲンが分解されて糖質となります。

グリコーゲンが蓄えられる場所は主に筋肉と肝臓ですが、運動に関わるのは筋肉のグリコーゲンで、特にマラソンなどの持久性の運動にグリコーゲンからの糖の補給は不可欠です。運動前の筋肉のグリコーゲン貯蔵量と筋肉の持久力には高い相関性があるとされています。

筋肉のグリコーゲンは運動負荷後にのみ枯渇する一方で、肝臓に蓄えられたグリコーゲンは、満タンになっていても補給しないと8時間ほどで空になってしまうので、夕食時にグリコーゲンを摂取しても翌朝にはほぼなくなってしまいます。このため、朝食をしっかり摂ることが大切です。

血糖値を調節する働き

血液中の糖が減少し、血糖値が低下してくると、肝臓に貯蔵されていたグリコーゲンが糖に分解されて血液中に放出されるため、血糖値を調節することができます。また、脳の活性化や集中力アップにも効果があるとされています。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]