栄養素

ジアリルジスルフィドは大腸がん予防に期待大!?

ジアリルジスルフィドは、ニンニク特有の刺激臭成分アリシンが熱で分解されることにより生成される成分です。

ジアリルジスルフィドの栄養効果として、解毒作用、肝機能強化、抗がん作用、がん予防、抗菌・殺菌作用、抗酸化作用、脂肪の代謝促進、コレステロール値低下などが期待できます。

[スポンサーリンク]

ジアリルジスルフィドの効能

ジアリルジスルフィドに期待される主な効能として知られるのが解毒作用です。ニンニクに肝機能強化の効能があるのは、このジアリルジスルフィドの解毒作用の働きが大きいと考えられています。

また、抗がん作用の効能もいくつかの研究で示されており、特に大腸がんに対する効能が期待されています。

さらに、抗菌・殺菌作用のほか、抗酸化作用も期待されており、脂肪代謝促進やコレステロール値低下といった働きがあることも知られています。

アリシンは、ネギ・ラッキョウ・タマネギなどユリ科ネギ属の野菜に多く含まれています。

[スポンサーリンク]

巣ごもりに栄養を!

栄養士の献立を簡単レシピでお届け!

【選べる4つのミールキット】

1食あたり300円で栄養バランスもお墨付きです。

無駄な食材なし! 危険な買い出しにいく必要なし!

感染防止に、免疫力を強化して乗り切ろう。
巣ごもりに栄養を!

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。



おすすめ

[スポンサーリンク]