栄養BOX

健康・美容・栄養をテーマとする情報を発信しています。

栄養

がんやエイズの治療に有効とされるD-フラクションとは?

D-フラクションはがんやエイズの治療薬として知られる成分です。

D-フラクションの栄養効果として、エイズ治療、抗がん作用、免疫力アップ、慢性疲労の軽減、肥満解消、血圧降下、コレステロール・中性脂肪の減少、血糖値・尿糖値の低下などが期待できます。

D-フラクションの効能

D-フラクションはまいたけに含まれる成分で、エイズの治療薬として紹介されてきましたが、アメリカでがん治療にまいたけの抽出成分を使用している事例が報告されて以降、さらに注目を集めています。

もともときのこ類に抗腫瘍効果があるのは有名ですが、その中でもまいたけは成分の構造がほかのきのこより複雑なため、より高い効果を得られると考えられています。

また、エイズやがんの治療以外にも、免疫力を高めたり慢性疲労を軽減したりする効果をはじめ、肥満解消・血圧降下・コレステロールや中性脂肪の減少・血糖値や尿糖値の低下も期待できるといわれています。

Maitake D-Fraction Pro(60ml)

まいたけD-フラクションは、犬や猫などのペット用サプリメントとしても認知されています。

犬猫用 D-フラクション プレミアム(60ml)日本全薬工業

評価は概ね高いようですが、価格も高いのが難点ですね。

[スポンサーリンク]

お読み頂きありがとうございます。

もし宜しければシェアをお願い致します。
729 views