栄養BOX

栄養と健康をテーマに情報発信しています。

栄養素

鎮痛・消炎に効く薬草、西洋シロヤナギとは?

西洋シロヤナギは、ヨーロッパで鎮痛・消炎を目的に使われてきた薬草です。

西洋シロヤナギの栄養効果として、鎮痛、消炎、解熱、抗酸化作用などが期待できます。

[スポンサーリンク]

西洋シロヤナギの効能

西洋シロヤナギの臨床試験では、関節リウマチや変形性関節症、腰痛などの症状への有効性が示唆されています。

また、樹皮に含まれる有効成分サリシンには、抗炎症・鎮痛・解熱などの作用が指摘されています。鎮痛作用に関しては、シクロオキシゲナーゼの活性化を阻害することで、プロスタグランジンの生成を阻害するためと考えられています。

そのほかの働きでは、サイトカインの放出の抑制や抗酸化作用、そしてリポキシゲナーゼの阻害及びプロスタグランジンの放出を阻害する作用などがあるとされています。
通常は、短期間での使用が勧められています。

[スポンサーリンク]

~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

明日葉は、秦の始皇帝が東方の海中に求めた「不老長寿の薬草」と伝えられる健康野菜。
葉を摘んでも明日には出てくる生命力が名前の由来で、野菜の栄養価レベルは最高峰です。

野菜不足の解消には、この明日葉を根っこまで丸ごと使った「ふるさと青汁」がおすすめ。

野菜随一の高い栄養価に加えて、明日葉にしか含まれていない有効成分のカルコン、根に含まれるLPS(高麗人参や葛根、ウコンなど漢方原料に多い免疫ビタミン)など、美容と健康にとっておきの栄養野菜です。
~ 野菜不足で健康を損なう前に ~

お読み頂きありがとうございます

もし宜しければシェアをお願い致します。




おすすめ

[スポンサーリンク]